奈良の古本屋・智林堂店主のブログ 古書買取強化中


古書店店主がつづる本と旅に明け暮れる日々..  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  【 智林堂書店 】     (電話)0742-24-2544   近鉄奈良から徒歩5分 もちいどのセンター街内 
by 智林 椰子生(ともばやし やしお)
プロフィールを見る
画像一覧

司馬遼太郎の幻の推理小説『豚と薔薇』

8月7日は何を隠そう、私の誕生日。42歳になった。死にぞこないの齢か・・・。というのは冗談として、もう人生の折返し地点、そろそろ老後のライフプランなども考えていかねばならぬ齢だが・・・。幸い、自営業というのは定年がない。いつまでも続けられるし、いつだって辞めることはできる。焦る必要はないのではとも思う。
それはさておき、8月7日生まれの有名人として司馬遼太郎が知られる。あまりに著名な国民的作家であり、同じ誕生日というのもおこがましいが、偶然なのだから仕方ない。せめて、レア本なりを発掘して恩恵に授かりたいもの。
ということで見つけたのがこちら。
a0163227_20185994.jpg

『豚と薔薇』東方社、昭和43年後版初版(元版は同社昭35年刊)。ブタとバラ?そんな本あったっけ。司馬遼の愛読者でもそう思うだろう。でも、あるのだ。しかもこれは推理小説。作者はおびただしい著作を遺したが、推理ものとしては本書のほか、『古寺炎上』角川小説新書(昭37)があるのみとされる。
『豚と薔薇』のあとがきに拠ると、推理小説には興味がないが求められて何とか書いたという趣旨の記述がある。どこか作り物めく推理小説というのは、生き生きとした歴史上の人物像を描きたい作者の願望とは相反するものがあったに違いない。でも、求められて書けるというのはさすが作家魂というべきか。
全集には未収録のはずなので、興味のある方はぜひどうぞ。
by chirindo-tensyu | 2011-08-07 20:26 | Comments(0)

古書全般買取

古書全般買取 

(学術&一般書、雑誌、古銭、切手、鉄道用品、美術品、刀剣、CD、DVDなど持込歓迎!)

大量の場合は出張買取!
経験豊富な店主が参上し適切査定・即金でお支払
寺社・大学・公的機関OK!!

まずはお電話をemoticon-0129-call.gif

【智林堂書店】
近鉄奈良駅南へ徒歩5分
もちいどのセンター街内

0742-24-2544
(昼~夕方頃、営業不定)
0742-44-3110
(時間外 8~20時頃)

検索

ブログジャンル