奈良の古本屋・智林堂店主のブログ 古書買取強化中


古書店店主がつづる本と旅に明け暮れる日々..  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  【 智林堂書店 】     (電話)0742-24-2544   近鉄奈良から徒歩5分 もちいどのセンター街内 
by 智林 椰子生(ともばやし やしお)
プロフィールを見る
画像一覧

ベリーズからメキシコへの国境越えで見た変り種ホテル

例によって草原のさびしい一本道を走り、国境に着いた。
まずは全員バスを降りてベリーズの出国審査。ここでひとつの懸念事があった。出国税が38.50BZドル要ることだが、BZドルは使い切ってもうない。USドルはあるにはあるが、100ドル札しか手元になかった。もし、BZドルでお釣を渡されたら・・・・・・。国を出れば紙くず同然の金で、メキシコで両替できなければ大損をくらうことになる。
案ずることはなかった。ちゃんとUSドルで返ってきた。一安心。後の調べではメキシコの国境の町でもBZドルは両替できるが、レートは少し悪くなるようだ。
出たところに待っていたバスに再び乗る。
間もなく停まり、何人かが降りる。そこにはカジノ・ホテルや商店が並んでいた。もうメキシコの町に着いたのか? いや待てよ、そんなはずはない。入国審査がまだではないか。
気になって車掌に訊くと、メキシコはまだだという。とすれば、あのホテルはどちらの国籍にも属さない国境の緩衝地帯に建っていることになる!何とも不思議な話だ。国境線上のホテルなんて初めて見た。
a0163227_1645777.jpg
a0163227_1643942.jpg
メキシコ側の入管は少々混雑していた。またバスを降りて個別に入国審査。入国税はない。前の子連れの女性客は逆に飴玉をもらっていた。「サンキュー」と言った後、「グラシアス」と言いなおした。スペイン語圏の国に戻ったのだなと実感。
その先には町が広がっていた。タクシーの運転手の声がたちまちかかる。チェトゥマルに着いたのかと錯覚するところだった。実際はバスの終点はその十数キロ先。例の車掌が色々面倒を見てくれる。乗客を見ていないようでちゃんと見ている。数えるばかりに減った乗客が全員乗りこんだところで、バスはメキシコの道を走り出した。
by chirindo-tensyu | 2013-02-27 19:28 | メキシコ | Comments(0)

古書全般買取

古書全般買取 

(学術&一般書、雑誌、古銭、切手、鉄道用品、美術品、刀剣、CD、DVDなど持込歓迎!)

大量の場合は出張買取!
経験豊富な店主が参上し適切査定・即金でお支払
寺社・大学・公的機関OK!!

まずはお電話を030.gif

【智林堂書店】
近鉄奈良駅南へ徒歩5分
もちいどのセンター街内

0742-24-2544
(昼~夕方頃、営業不定)
0742-44-3110
(時間外 8~20時頃)

検索

ブログジャンル