奈良の古本屋・智林堂店主のブログ 古書買取強化中


古書店店主がつづる本と旅に明け暮れる日々..  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  【 智林堂書店 】     (電話)0742-24-2544   近鉄奈良から徒歩5分 もちいどのセンター街内 
by 智林 椰子生(ともばやし やしお)
プロフィールを見る
画像一覧

会津東山温泉の老舗旅館「向瀧」 その料理編

東山温泉の川沿いには昭和の時代から残っているような民宿や商店が軒を連ね、中には射的場まである。
石段を上った所に温泉神社があり、「向瀧」の湯がペットボトルに入れて献上してあった。
「向瀧」では貸切風呂「鈴の湯」と無人の「さるの湯」も満喫して夕食に臨む。
食事は2食とも部屋食で、2人で落ち着いてゆっくりできるのはよかった。
東山温泉には部屋食の宿は少ないので、そういう意味でも「向瀧」は貴重な存在だ。
a0163227_14315169.jpg
a0163227_1431758.jpg
a0163227_1432155.jpg
鯉のたたきに甘煮、磐梯鱒寿司、福島酵母牛の姫ステーキ、会津伝統の汁こづゆ、山菜天麩羅など郷土料理が次々に運ばれてくる。海老や鯛など産地でないものは出さないというポリシーがうかがえる。
a0163227_14324684.jpg
鯉の甘煮は江戸時代からの伝承の1品、ヴォリュームがあるので真空パックにして持ち帰りも可能という。
1皿を仲よく分けて、もう1皿は手をつけずに新カノへ土産に持たせる。
オリジナル吟醸酒「美酒佳肴」もグラスに1杯づつついていたが、これはネット予約客への特典だ。
辛口の白ワインを思わせるようなすっきりした味わいで気にいった。鯉料理にもよく合う。
メニューには猪苗代産の地ビールも載っていたので1本注文。小麦ビール「ヴァイツェン」はフルーティーで飲みやすく女性にもおすすめ。
ほかの地ビールや日本酒も試したかったが、もう腹いっぱい。
ただし1品あたりの量はメインの鯉の甘煮を除いて少なめで、食べきれぬほどということもなくちょうどよいくらいかと思う。


にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ村
by chirindo-tensyu | 2014-06-16 17:46 | Comments(0)

古書全般買取

古書全般買取 

(学術&一般書、雑誌、古銭、切手、鉄道用品、美術品、刀剣、CD、DVDなど持込歓迎!)

大量の場合は出張買取!
経験豊富な店主が参上し適切査定・即金でお支払
寺社・大学・公的機関OK!!

まずはお電話を030.gif

【智林堂書店】
近鉄奈良駅南へ徒歩5分
もちいどのセンター街内

0742-24-2544
(昼~夕方頃、営業不定)
0742-44-3110
(時間外 8~20時頃)

タグ

検索

ブログジャンル