奈良の古本屋・智林堂店主のブログ 古書買取強化中


古書店店主がつづる本と旅に明け暮れる日々..  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  【 智林堂書店 】     (電話)0742-24-2544   近鉄奈良から徒歩5分 もちいどのセンター街内 
by 智林 椰子生(ともばやし やしお)
プロフィールを見る
画像一覧

四天王寺古本市まつり 2017年春の収穫

四天王寺の古本市の初日は混乱を避けてか平日になることが多いように思う。今回も休前日とはいえ金曜が初日、平日の朝から古書市場へ駆けつけられるというのはいかなる客層か。悠々自適の定年退職組、これはおそらく来客の大半を占めるはず。他は時間的自由のきく文筆業、自営業、フリーターなどの人々。もちろんシフト制や平日休暇の会社員などもいるだろう。
私もこの日は朝のトレードの仕事を休んで臨む。今回も名物の百円均一から始めることにする。このコーナーは毎回見てきたが今回は本部を隔てて2ヶ所に分散という今までになくわかりづらい配置だった。コンパクトにまとめようとしたためか会場全体の配置が把握しづらく各出店ブースの境目も曖昧、「ここから先は百円コーナーではないですよ」と立ちはだかる店主がいたり、本部内へ迷いこむ客が現れるなど異例の混乱事態となった。ただ常連客の立場からすればわかりづらいというのはある意味歓迎すべきで、事情を熟知している者のみが恩恵を受けることになるからだ。
さて百円コーナーのブルーシートが取り払われると猛然と本を抱えこむ若者、その気迫にいきなり圧されたが見れば古い法律書ばかり。私には興味のない分野だし山を張っていた一角がそういうのとは軽いショックだった。気を取り直し一巡しつつ十数冊ほど買い次の店舗へ周る。こちらは文芸書ばかり、幸いまだ荒らされた形跡はなく渋澤龍彦、種村季弘、飯島耕一、吉岡実、田村隆一、塚本邦雄といった面々の著作を選んで買うことができた。これらの著者の名前だけでもなかなか渋い品揃えであったことがわかるだろう。ただし所詮はプロの業者の目を経た均一台、特筆すべき珍本・付加価値のある署名本などは一切なし。
1函発送し1時間弱の滞在で会場を去る。
by chirindo-tensyu | 2017-04-29 16:55 | Comments(2)
Commented at 2017-05-17 01:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by chirindo-tensyu at 2017-05-17 14:34
> ある大学院生さん
コメントをありがとうございます。初日の古書市はみなさん気分が高揚しているので取り合いみたいな光景が見られるのは毎度のことですね。私も自重しなければと思います。

古書全般買取

古書全般買取 

(学術&一般書、雑誌、古銭、切手、鉄道用品、美術品、刀剣、CD、DVDなど持込歓迎!)

大量の場合は出張買取!
経験豊富な店主が参上し適切査定・即金でお支払
寺社・大学・公的機関OK!!

まずはお電話を030.gif

【智林堂書店】
近鉄奈良駅南へ徒歩5分
もちいどのセンター街内

0742-24-2544
(昼~夕方頃、営業不定)
0742-44-3110
(時間外 8~20時頃)

タグ

検索

ブログジャンル