「ほっ」と。キャンペーン

奈良の古本屋・智林堂店主のブログ 古書買取強化中


古書店店主がつづる本と旅に明け暮れる日々..  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  【 智林堂書店 】     (電話)0742-24-2544   近鉄奈良から徒歩5分 もちいどのセンター街内 
by 智林 椰子生(ともばやし やしお)
プロフィールを見る
画像一覧

世界のビール飲みくらべ紀行★スロヴァキア

スロヴァキアで驚いたのは朝からビールを飲む人の多いこと。いや、ドイツなどヨーロッパでは通勤前のサラリーマンが駅で朝早くからビールをひっかけて行ったりするのは別段珍しい光景ではない。そういうのではなく、飲むための飲み屋みたいな店が朝っぱらから結構繁盛しているということに軽いカルチャーショックをおぼえた。しかも、私の訪ねたのは秋口の薄ら寒い朝で、この寒さでよく飲むよなとあきれつつ感心。ビールは「液体のパン」とはよくいったもので、彼らにはビールが朝食がわりなのかもしれない。値段も本格的な生ビールが数十円から程度とパンなみに安い。
スロヴァキアのビールはひととおり試したが、記憶の彼方にかすんでしまいどの銘柄がどうというのは思い出せない。どれも美味しいのだが、Sclossgoloというのには要注意。これはノン・アルコールなのだ!
by chirindo-tensyu | 2012-06-06 19:10 | スロヴァキア | Comments(0)

立ち去りがたきスロヴァキアで人形劇やオルガンの弾き語りを

スロバキアに一歩足を踏み入れるとその空気が快く、立ち去りがたかった。
歩行者天国の大通りでは折しも、人形劇を開催中。
a0163227_1954088.jpg

言葉はわからないなりに楽しめた。続いて、オルガンの弾き語り。
a0163227_20203984.jpg

女の子が興味津々で、スピーカーに耳を傾けているのが微笑ましかった。隣国のコインを投じて後にする。
さて、残された猶予はあと2泊、最終日はブダペストに泊まるとして今日はどこでもいいわけで、いっそこの街シュトロヴォに1泊というプランも考えたが、思うような快適そうなホテルがない。それは対岸のエステルゴムも同様で、まだ日も高いことだし、ブダペストに戻ることにした。
街の南端にエステルゴム駅があり、ブダペストまで鉄路が通じている。歩いていったが相当な距離で、途中のカフェで燃料(ビール)を補給しなければならなかった。
a0163227_200114.jpg
a0163227_200146.jpg

エステルゴムは思いのほか田舎の駅で、本数も少ない。ここでもビールを飲んで列車を待つ。暑いのはみんな同じか、女の人でも大ジョッキを手にしている。
ブダペストの西駅に着くと、移動が面倒で駅前のヒルトンに跳びこんだが、スタンダートルームはすでに満室で、250ユーロのスイートしかないという。それは高い。割引を申し出たら、それはできないがわずかな追加料金で夕食付のお得なプランもあるとのこと。こちらは値引を申し出ているのに、さらに高い値段を提示してくるとはさすがヒルトンである。
結局ヒルトンはあきらめ、マルギット島の温泉ホテルに投宿。
a0163227_2027125.jpg

こちらは朝食なしで99ユーロとリーズナブルであった。
by chirindo-tensyu | 2011-07-10 20:24 | スロヴァキア | Comments(0)

ちょっとビールを飲みにスロヴァキアまで

a0163227_011393.jpg

ヴィシェグラードの麓の王宮跡をのぞいてから10時半の船でドナウ川を遡り、エステルゴムへ向った。バスの方が速くて安いが、せっかくだから船旅をというわけ。
a0163227_014124.jpg

船はブダペストから来た高速艇で、30分の旅は短かすぎるくらい。窓は開くので景色を見るには支障ないが、時間が合えばより開放的な低速船でゆっくり進みたいところ。
エステルゴムに着くと、大きな鉄橋が川を跨いでいる。
a0163227_02785.jpg

対岸はもう別の国スロヴァキアで、人も車も自由に往き来しているように見える。それなら国境マニアならずとも渡ってみたい。ちょっとビールでも飲みに行ってみよう。
はたして検問所もなくフリーパス!
a0163227_081292.jpg

橋の真ん中に国境の区切りを示すプレートがあり、1歩踏みだせばあっさり入国。
対岸の町はシュトロヴォという。
a0163227_016564.jpg
a0163227_017142.jpg

レストランに入り、、私はスロヴァキアの金を持っていないのでカードで払えることを確認してから注文。でも、何のことはない、メニューはユーロの表示だった。本場の生ビールがわずか1ユーロで飲める。これは嬉しい。
a0163227_0174636.jpg

料理は鹿の煮込み。思いがけず入国することになったスロヴァキアに乾杯!
by chirindo-tensyu | 2011-07-09 00:29 | スロヴァキア | Comments(0)

古書全般買取

古書全般買取 

(学術&一般書、雑誌、古銭、切手、鉄道用品、美術品、刀剣、CD、DVDなど持込歓迎!)

大量の場合は出張買取!
経験豊富な店主が参上し適切査定・即金でお支払
寺社・大学・公的機関OK!!

まずはお電話をemoticon-0129-call.gif

【智林堂書店】
近鉄奈良駅南へ徒歩5分
もちいどのセンター街内

0742-24-2544
(昼~夕方頃、営業不定)
0742-44-3110
(時間外 8~20時頃)

検索

ブログジャンル