奈良の古本屋・智林堂店主のブログ 古書買取強化中


古書店店主がつづる本と旅に明け暮れる日々..  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  【 智林堂書店 】     (電話)0742-24-2544   近鉄奈良から徒歩5分 もちいどのセンター街内 
by 智林 椰子生(ともばやし やしお)
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:ハンガリー( 19 )

ブダペストの古本屋めぐり

町へ戻ると、地下鉄で国立博物館の前へ出た。このムゼウム通りはちょっとした古書店街になっているということで期待していたのだが・・・。
a0163227_65880.jpg

確かに軒を連ねていた。しかし、どの店も開いていない。ここではたと気づく。日曜日は主だった商店は軒なみ休業するのだった! これはヨーロッパの常識、でも忘れていた。私は明朝帰国するのでもう来れない。残念だったが仕方ない。
a0163227_629044.jpg

商店のすきまに一人のおじさんが本を積み上げて座っていた。もぐりの露天商?それにしては本の量は少なく、客の相手をするでもなく自分の世界に浸っているので、話しかけるのもためらわれた。
幸い、ウィンドウごしに店内は覗ける。どこも高そうな店で均一本が大量にあるような雰囲気ではない。となると、開いていたとしてもあまり収穫はなかったかもな。
a0163227_6132893.jpg
a0163227_6134442.jpg
a0163227_614054.jpg
a0163227_614164.jpg

年代物の古書や古地図などが店頭に飾ってある。ちょっと気になったのは「サムライ」とマジャール語で書いてある本。まあ、大体中身は想像つくけどね。
a0163227_621869.jpg

今回最後の晩餐は連泊中のホテルの近くでビーフシチュー。
また来年、ヨーロッパに戻ってくるぞー。


(ルーマニア&ハンガリー紀行 完)
by chirindo-tensyu | 2011-07-13 06:39 | ハンガリー | Comments(2)

ハンガリーの子供鉄道で美少女駅員を発見

ブダペストで一日あったらぜひ乗りたいと思っていたのが郊外の子供鉄道。運転以外の業務は子供がこなしている狭軌鉄道で、昔一度乗車したことがあるが、もう記憶がうすれていたので。
その記憶をたよりにモスクワ広場から市電で丘の上の起点駅へ。切符売り場にいたのも少年だけ。日曜とあってか本数は多く、SL牽引の臨時列車に合せて乗る。
a0163227_2534555.jpg

a0163227_333490.jpg

いやはや、またSLに乗れるとは思わなかったね。ストーヴの付いたレトロな客車。森の中を進んでゆく。
a0163227_2544682.jpg

a0163227_3333867.jpg

早速、小さな車掌が検札にきた。英語は通じなかったが、SLは200フォりントの追加料金がいるようなので払う。
途中のヤーノシュ駅で下車。
a0163227_2571599.jpg

すれ違いのディーゼル機関車を見届ける。狭軌らしいスマートな車体で、見ているだけでも楽しい。
a0163227_2594935.jpg

おや、ここにいるのは少女の駅員ではないか。
軽く歩いてヤーノシュ山頂へ。食事にしようと思ったが、屋台と売店程度しかない。ビールにサンドイッチ、焼鳥など。串刺しの焼鳥は日本と同じ、葱はさすがになかったが旨かった。
by chirindo-tensyu | 2011-07-12 03:24 | ハンガリー | Comments(2)

美しく青きドナウはヴィシェグラードにきわまる

センテンドレからバスでさらに北上、ちょうどドナウ川が大きく屈折する曲がり角にあたるヴィシェグラードへ向った。今日は山上にある4つ星ホテルに泊まろうと思う。
船着場でバスを降り、山道伝いに歩く。車道も別に通じているのでタクシーで行くこともできたが、地図で見ると、山道はほぼ一直線に続いていて距離はたいしたことなさそうだ。
a0163227_2020663.jpg

でも、思いのほか峻険で、荷物を背負っての登頂は苦しかった。頂上には城があり、もう見えかけているのになかなかたどりつかない。まるでカフカの「城」だ。
a0163227_20435131.jpg

何とか山頂のホテル・シルヴァヌスに到着。あいにく川側の部屋は満室で山側になったが、それもあと2室だったという。25000フォリント。
a0163227_20424184.jpg

城はもう内部は閉館していたが、外側へは自由に入れた。
a0163227_20432224.jpg

ドナウ川の眺望は予想以上にすばらしく、ブダペストやウィーンでは何度見てもピンと来なかった「美しく青きドナウ」の意味がやっと理解できた気がする。
a0163227_205142100.jpg

夜中にももう一度、曲れるドナウに逢いにいったのだ。
by chirindo-tensyu | 2011-07-07 20:53 | ハンガリー | Comments(0)

ジュラの城塞と温泉、そしてドナウの曲がり角へ

a0163227_7243667.jpg

ホテルの眼の前が城塞、その背後が温泉施設であった。軽く城塞をやっつけてから温泉に向かう。
a0163227_72550100.jpg

屋内外をあわせ数々のプールがあり、老若男女がつどい、さながらレジャーランドの趣き。でも、れっきとした温泉で、水が茶褐色なのは植物系なのか成分は不明だったが、体に良さそうな気がする。北海道の十勝川温泉の泉質に似ているような・・・。
翌日はジュラ駅からブダペスト方面へ移動。
a0163227_7443520.jpg

ジュラからの電車は2輌に増えていた。時間帯によって輌数を調節しているらしい。これからドナウべンド(ドナウの曲がり角)と呼ばれる地域をめぐるつもりだ。
ブダのバッチャー二広場前で昼食。
a0163227_7395887.jpg

チキン・グヤーシュをとったがこれは失敗だった。ダンプリングもまるでうまくない。しかも、勘定はしっかり10%のサービス料を加算されてきた。さすが、都会である。私はやっぱり田舎の方が好きだなあ。
a0163227_7411910.jpg

バッチャー二からは近郊列車でセンテンドレへ向かった。ここで1泊するつもりだったが、あいにく目あてのホテルは廃業しており、街自体もあちこちで掘り返したりしていて魅力を感じなかった。さて、どうしたものか。
by chirindo-tensyu | 2011-07-07 07:56 | ハンガリー | Comments(0)

ハンガリーへ再入国しジュラ温泉へ

さて、まだ旅は続く・・・。
アラドからは11時過ぎのブダペスト行国際列車に乗る。例によって出入国審査で1時間以上のロス。国境駅ではいわば車内に軟禁状態でむやみに外へも出られず退屈だ。見ると、駅員が梯子に登って列車の屋根を調べたりしている。ご苦労なことだ。本年度からルーマニアもシェンゲン協定に加入するという話もあり、そうなるとこういう国境での光景も見られなくなるのだろうか。
晴れて入国、べーケシュチャバ駅で下車し、ローカル線に乗りついで温泉地ジュラへ。
a0163227_1243233.jpg

たった1輌の小さな電車で、平原の中をことこと走っていく。
ジューラ駅前で1台だけ客待ちしていた車をつかまえ、4つ星ホテル・エリザベスへ。ホテル名はハンガリーひいきの例の皇妃にちなむものだろう。
a0163227_1341527.jpg

a0163227_1491466.jpg
a0163227_1492417.jpg

貴族の館を改修したプチホテルで、愛想のいい女性が部屋を色々案内してくれた。2階より3階がいいというと、「とても暑いよ」という。なるほど、屋根の傾斜で狭いしエアコンをつけても暑そうな気がする。ただ、2階の部屋にはなかったバスタブがあったのでそこに決めた。値段は同じ60ユーロ。
ともあれ、町へ出て遅い昼食。骨付豚肉をカリカリに焼いたのとザワークラフト、生ビール。
a0163227_150626.jpg

料理はやっぱりハンガリーの方がいけてるような気がする。
by chirindo-tensyu | 2011-07-06 01:53 | ハンガリー | Comments(0)

ハンガリーからルーマニアへの国境越え鉄道

デブレツェン駅の窓口で「オラデア」というと、手慣れた様子で国際線切符を作ってくれた。
ここからルーマニアへの鉄道は3路線あり、できればローカル線でマイナーな国境を通りたかったが、運行時間帯やその後の接続の都合上、オラデアへ出る幹線ルートをとらざるをえない。
まず8時過ぎのブダペスト行ICに乗車、通勤時間帯のせいか混みあっている。乗り換えのため、次のピュシュぺクラターニで下車。
a0163227_218179.jpg
a0163227_20473498.jpg

ホームが何本かあるが、跨線橋や地下道はなく、線路を渡るときは要注意。中東欧の田舎の駅ではホームが狭く、線路と線路の間に立って列車を乗降する場合もあり、日本ではありえないことで危なかしい気もする。
しばしの待ち合せでオラデア行ICに乗車、こちらはがら空き。例によって無意味に長い国境審査を受けて無事ルーマニアへ入国。新たな国に着いてなすべきはまず時計の針の調整(時差のため)、両替、そしてビールを飲むことだ!
by chirindo-tensyu | 2011-06-15 21:03 | ハンガリー | Comments(0)

デブレツェンのホテルと路面電車優先の町

デブレツェンはハンガリー第二の都市。駅から少し歩き、目あての4つ星(と思ったが3つに落ちたらしい)ホテル「アラ二ビカ」に宿泊。
a0163227_2571782.jpg
a0163227_2572953.jpg

見かけは立派だったが中はそうでもなく、老朽化が進んでいる。部屋の床の板張りのタイルも剥がれかけていてどうしようかと思ったが、他をあたるのも面倒で泊まる。これで70ユーロは高い。
a0163227_313326.jpg

環境は大通りに面しているわりに静かだった。というのもあたり一帯、車がシャットアウトされ路面電車だけが進入できるようになっている。ほとんどのスペースが歩行者天国で、自動車用の道路は中心部の外側に設けられている。こういう計画的な町は、フランスのストラスブールやドイツの諸都市でも見られた。日本でも採用できないものかと思うが絶対無理だろう。路面電車を邪魔者扱いし、容赦なく排除してきた国だから。
by chirindo-tensyu | 2011-06-14 03:02 | ハンガリー | Comments(0)

トカイの町でピザ・ハンガリアンの昼食

a0163227_0455131.jpg

トカイは居心地のよさそうな町だったが泊まらず先を急ぐことにする。バッカス像の見えるレストランで昼食。
a0163227_046214.jpg

ハンガリアンピザというのは初めて聞いた。トカイならワインとは思うのだがあまりに暑いのでビール!酔っぱらっても困るし。
a0163227_048553.jpg

町をぶらついているうち、コウノトリの巣を発見。
トカイ博物館へも入ったがここはあまり面白味はなかった。
a0163227_058070.jpg

駅へもどると、着いたときホームに落ちていた10フォリント貨がまだあるので拾う。数時間たってもコインが残っているとはやはり田舎の駅だ。16時20発のICでデブレッツェンへ向かう。
by chirindo-tensyu | 2011-06-13 01:02 | ハンガリー | Comments(0)

トカイの名門ワイナリーで黄金の貴腐ワインを試飲

車窓に葡萄畠の丘陵が見えはじめると、まもなくトカイである。
a0163227_2322563.jpg

町へたどり着くと酒神バッカスの像がお出迎え。もう、これは飲むしかないよね。
葡萄畠を見にいきかけたが暑いし遠い。腹も減った。町はずれに1軒のワイナリーが目についたので入ってみる。
a0163227_234325.jpg

ワインリストがあり、高級そうな雰囲気。Tokaj furmint dryを庭のテーブルで試飲。フルミントとは黄色種の葡萄の銘柄。
a0163227_2333395.jpg

年号は確か1990年ものだったか。1杯300フォリント。いやー、すばらしかった! トカイは甘いという印象があったが、これほどすっきりしたものだとは。食事にも合いそうだが、食事は提供していない。あまり杯を重ねるとやばいことになりそうなので1杯できりあげる。
町の中心部には別のワイナリーもあって、75とか貼りだしてある。あっ、こっちの方が断然安い、しまったと思ったがワインというのは年号や醸造元がちがえば値段も異なる。どうやらいきなり最上質のを飲んでしまったようだ。後でわかったことだが、私がふらふらと惹かれて入った所は16世紀からつづく名門ワイナリーであった。
by chirindo-tensyu | 2011-06-12 02:40 | ハンガリー | Comments(0)

ディオシュジェールの中世の城

バスで麓の町のディオスジェールに着いた。城塞へ行きたいが右も左もわからない。地図を拡げていると白髪の男性がドイツ語で話しかけてきた。昨日もバスの中で降りる場所を教えてくれた人だ。偶然に驚き感謝しながら道を教わる。
a0163227_1393385.jpg

城塞は13世紀からのもので朽ち果てているのを修復中。城そのものより周囲の街なみがよかった。おしゃれなカフェも建ちならび、ビールでもと思ったがまだ早くてどこも開いていない。
とりあえずミシュコルツ駅へ戻る。ミシュコルツ郊外には洞窟温泉もあり、訪ねてはみたかったが和歌山の忘帰洞のような温泉を期待していくと失望することはたしかで、やめて次のIC特急でトカイへ向かう。
by chirindo-tensyu | 2011-06-12 01:45 | ハンガリー | Comments(0)

古書全般買取

古書全般買取 

(学術&一般書、雑誌、古銭、切手、鉄道用品、美術品、刀剣、CD、DVDなど持込歓迎!)

大量の場合は出張買取!
経験豊富な店主が参上し適切査定・即金でお支払
寺社・大学・公的機関OK!!

まずはお電話をemoticon-0129-call.gif

【智林堂書店】
近鉄奈良駅南へ徒歩5分
もちいどのセンター街内

0742-24-2544
(昼~夕方頃、営業不定)
0742-44-3110
(時間外 8~20時頃)

検索

ブログジャンル