奈良の古本屋・智林堂店主のブログ 古書買取強化中


古書店店主がつづる本と旅に明け暮れる日々..  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  【 智林堂書店 】     (電話)0742-24-2544   近鉄奈良から徒歩5分 もちいどのセンター街内 
by 智林 椰子生(ともばやし やしお)
プロフィールを見る
画像一覧

ベリーズ・シテイからメキシコ国境チェトゥマル行バスに乗車

翌日は晴天に恵まれた。
a0163227_1520770.jpg
港の方まで散歩に行く。桟橋からはキーカーカー島行のボートが出ている。カリブ海の島めぐりもやってみたかったが、今回その余裕はない。
スーパーを見つけたので朝食用のパンなどのほか、土産物を物色。コーヒー、ココナツパウダー、調子に乗ってサフランライスまで買ってしまった。中米の米はうまいのである。大量に買いつけて船便で送りたいくらいだが、家人からは「それだけはやめて」と制されている。
さて、残りの旅程を考えると、本日中にメキシコ国境近辺まではたどりつかねばならない。
a0163227_15202215.jpg
a0163227_15202935.jpg
BTから国境を越えた町チェトゥマル行のバスに乗りこむ。国際バスといえば聞こえはいいが、見かけはただのローカルバスと変わらない。ただ、乗客の中には旅行者やバックパッカーの白人の姿もあった。
料金は車内で払う。財布を軽くしようと思い、アメリカで釣銭にもらった25セント貨をかき集めていると、隣の客が「そのお金は使えないよ」と教えてくれた。USドルがそのまま通用するといってもコインまでは使えないらしい。
オレンジ・ウォークで短いトイレ休憩、さらに海岸の町コロザルで大半が降りる。
その先にはあっと驚く国境が待っていた・・・・・・。
by chirindo-tensyu | 2013-02-26 18:50 | ベリーズ | Comments(0)

ベリーズ・シティのホテル「ラディソン・ポート・ジョージ」

飛行場からのタクシーは地元の女性との相乗り。まず彼女の住居の近くに行くが、道路が工事中で進入できない。運転手が荷物を持って届けてから、私のホテルまで送ってもらう。
a0163227_14421326.jpg
a0163227_14391090.jpg
海沿いの「ラディソン・ポート・ジョージ」。222USドル、朝食なしは痛い出費。部屋からは海もよく見え、設備は申し分なし。ただ1点、絨毯がないことを除いて。別になくてもいいのだが、何となく落ち着かない。暑い中米ではカーペットはないのが常識なようなので、あまりこだわらないことにしよう。
外に出たかったが、忌まわしき雨はやむ気配がない。今は乾季のはずだが、ベリーズでは雨に振られどおし。体調もまだ万全ではないし、ホテル内にとどまる。バーでビールを1杯。
a0163227_14405917.jpg
a0163227_14493456.jpg
夕食もそのバーで摂る。本日の魚料理、温野菜添え。魚の名は聞き逃したが淡白な白身魚。体に良さそうな料理だったが、38BZドルはやや高い。
by chirindo-tensyu | 2013-02-25 20:04 | ベリーズ | Comments(0)

トロピック航空でプラセンシアからベリーズ・シティへ

雨脚の強まる中、プラセンシアの町はずれにある飛行場にタクシーで向かった。
マヤ航空とトロピック航空の2社の小さな建物が仲良く並んでいる。どちらも似たような路線網を持ち、同じような時間に小型機を飛ばしている。
まずマヤ航空の扉をたたく。次便の12時台のフライトは満席だったので隣のトロピック航空へ。
a0163227_15441554.jpg
まるでバラック小屋だが、中には長椅子もあり、待合室の機能は一応備わっている。
次便の席がとれた。現金払いだと1割引になるというので貴重なUSドルで払う。ベリーズ・シティまで89ドル。
巨大なプラカードのような「搭乗券」を渡される。これは乗る直前に回収される。
やがて飛行機が着き、数人の客に続いて乗りこもうとすると、この便ではないと制止される。同じベリーズ・シティでも国際空港との国内空港行の2便があり、まず前者が出発するのだ。
a0163227_15475651.jpg
さて、いよいよ乗るべき飛行機がやってきた。プンタ・ゴルダから飛んできたみたい。これは国土を縦断しながら各駅停車の感覚で飛んでいる飛行機なのだ。
座席は全席自由。乗りこんでみると、ラッキーなことに最前列が空いていた!
a0163227_15483171.jpg
a0163227_15483931.jpg
パイロットの表情や計器盤の文字までもがはっきり見える。幸い雨も小降りになったようだ。
a0163227_15593286.jpg
右手にはカリブ海、左手には緑の大地がひろがる。
小型機はダウリンガで途中降機する。乗客の乗り降りの合間に荷物の積み下ろしと給油が手早くおこなわれ、飛行機はすぐに飛び立つ。この間、5分もなかったかも。
a0163227_15511198.jpg
目的地のベリーズ・シティもまた、町はずれの海沿いに滑走路が1本あるきりの飛行場だった。1時間ほどの短すぎるフライト、バスなら乗継で7、8時間はかかっていたろう。
a0163227_15504913.jpg
折り返しの便なのか、よくわからないが飛行機はまた颯爽とどこかへ飛び立っていく。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
by chirindo-tensyu | 2013-02-24 17:59 | ベリーズ | Comments(0)

プラセンシアの朝はロブスターのブリートスで元気をつけて

気持ちのいい朝だった。
a0163227_1244323.jpg
a0163227_12452229.jpg
a0163227_12452910.jpg
ホテルの部屋からは海は見えないかわりに潟湖が望める。
本来の予定ではダウリンガ経由でベリーズ・シティへバスで向かう予定だった。バスは朝に何便かあり、その後は昼過ぎまでない。しかし、風邪の身を慮って無理しないことにする。
それより、困ったことがあった。ホテルはスーパーの2階にあり、スーパーのレジがフロントを兼ねている。例によって閉まったままでいつ開くのやら。部屋からは外の階段伝いに出入りは自由にできるのでそれは問題ないのだが、「鍵代」としてデポジットを30BZドルも取られているのだ。これは返してもらわないと痛い。鍵代を預かるというのは中国人らしい発想だ。
スーパーは8時に開いた。一安心。バスではなく飛行機での移動を半分心に決め、朝食をとりに出かける。
一軒開いていたレストランで、ロブスター入のブリートス。
a0163227_12404931.jpg
これは贅沢な一品。ブリートスというのはトルティーヤのサンドイッチで日本ではなじみが薄い。本来は単数形でブリートとなるが、タコスが現地でも複数形で慣用化しているのに倣う。
a0163227_12425166.jpg
ビールを飲みながら爽やかな風に吹かれていると、この町を立ち去りがたい気にもなってくる。でも、そういうわけにもいかない。
さて、ホテルは11時に追い出される。12時の飛行機に乗ろうかと思ったが、折悪しく雨が降ってきた。
by chirindo-tensyu | 2013-02-23 19:13 | ベリーズ | Comments(0)

プラセンシアのスーパー・ホテル「スカイブルー」

a0163227_8522274.jpg
a0163227_8523266.jpg
海岸の方へ歩いていったが、めざすホテルは遠かった。道を聞いたカップルが、「途上だから」とゴルフカートのような車に同乗させてくれる。
「タートル・イン」は広大な敷地にあるリゾートホテルで、入口に亀の置物が飾ってある。さながら「亀の井旅館」といった趣。これは居心地の良さそうなホテルだ。
ところが、プライスリストの最低445からというのを見て仰天。ベリーズ・ドルではなくUSドルなのだ。オフシーズンなら285からあるが、今はピークシーズンで一番高い料金設定になるという。それにしても高い。最高の部屋は1900ドル!というのもあった。誰が泊まるの? アラブの富豪や国賓がこんなところに来るとも思えないし。
とにかく話にならず退散。海岸沿いにもう1軒あったが満室。やむなく町まで戻りかけたところに別のスーパーがあり、その上がホテルになっているようなので打診。
a0163227_8501785.jpg
a0163227_1152930.jpg
こぎれいな部屋が素泊まり75USドルは妥当な値段か。そこに決め、スーパーのレジでチェックイン。どうやらスーパーと同じ経営らしい。スタッフは全員、中国人のもよう。ホテルの備品・電化製品もほとんどが中国製。ホテルの名は「スカイブルー」。
部屋には冷蔵庫に電子レンジまで完備、下のスーパーで食材を調達して滞在をうながす意図がありあり。
ところで、昨日から喉の具合がおかしかったのだが、どうやら風邪を引いてしまったようだ。熱も出てきた。連日の移動の疲れに加え、ボートで冷たい海風に打たれたりしたのがよくなかったな。
夕食はスーパーで冷凍食品を買ってさっさと済ませる。
a0163227_851871.jpg
ラム酒の安いペットボトル入も元気づけに購入。現地ではコーラ割りが好まれるようだが、黒ビールで割って試す。発熱のせいか、安物のせいかあまりうまくない。
a0163227_8515050.jpg

by chirindo-tensyu | 2013-02-22 19:11 | ベリーズ | Comments(0)

マンゴー・クリークから水上タクシーでプラセンシア港へ

その先にあったのはボート乗り場だった。
a0163227_13493284.jpg
現地では水上タクシー「ホッキー・ポッキー」の名で親しまれている。プラセンシアは潟湖に突き出た半島の先にあり、車で行くと遠回りになるが、水路を突っ切れば速いのだ。
a0163227_13501092.jpg
a0163227_13502097.jpg
そう頻発はしていないので乗り遅れたら大変。マングローブの森を抜けて10数分で着いてしまう。
a0163227_1353452.jpg
プラセンシアではダウリンガ行のバスが待っていた。それには乗らず、今宵の宿探し。その途中でスーパーを見つけビールを購入。
a0163227_13532292.jpg
小さい缶入のものだが1本3BZドル以上する。ベリーズは物価が高いという話だが本当のようだ。「ベリキン・ドラフト」という銘柄は濃くてなかなかいける。
by chirindo-tensyu | 2013-02-21 18:41 | ベリーズ | Comments(0)

プンタ・ゴルダからバスでマンゴー・クリークへ

プンタ・ゴルダ港の近くにはバスターミナルがあるはず。そこへ行くと、バス乗場は1ブロック先の路上からになるという。
直射日光をよけるため上着を頭からひっかぶって立っている女性に訊くと、やはりそこがバス乗場だった。
何もないところで待たせるとは、非人道的なバス会社だ。港のBTまでバスを迂回させるべきだね。
a0163227_1685034.jpg
あいかわらずエアコンなしの旧式のバス。乗客はいかにもアフリカ系黒人という感じの人が多い。若い女の人は独特の髪型をしている。
バス代はUSドルで払い、ベリーズ・ドルで釣銭をもらう。1USドル=2BZドルの固定レートでわかりやすい。
乗務員も乗客も流暢な英語を話す。ボートに乗ったときからやたら英語が通じると思ったら、この国は中米では唯一英語が公用語の国なのだった。
バスは副首都のベリーズ・シティ行だが、そこまで移動するには遠すぎる。途中の海岸部のプランセシアで1泊するつもりだったが、このバスは立ち寄らないというので、最寄りのマンゴー・クリークという所で降ろしてもらう。地名は「マンゴーの木のある川」というほどの意味だろう。さらに北部には、オレンジ・ウォークという町もある。
途中何度かスコールに見舞われたが、マンゴー・クリークで降りた時には幸い晴れていた。教えられた川べりの方へ行ってみる。どこからともなく男があらわれて勝手に道案内し、2ドルよこせという。拒否すると1ドルになったが無視。
まあ、そういうやつもいたがなかなかすてきな道のりだった。
a0163227_1692879.jpg

by chirindo-tensyu | 2013-02-20 18:47 | ベリーズ | Comments(0)

古書全般買取

古書全般買取 

(学術&一般書、雑誌、古銭、切手、鉄道用品、美術品、刀剣、CD、DVDなど持込歓迎!)

大量の場合は出張買取!
経験豊富な店主が参上し適切査定・即金でお支払
寺社・大学・公的機関OK!!

まずはお電話を030.gif

【智林堂書店】
近鉄奈良駅南へ徒歩5分
もちいどのセンター街内

0742-24-2544
(昼~夕方頃、営業不定)
0742-44-3110
(時間外 8~20時頃)

検索

ブログジャンル