奈良の古本屋・智林堂店主のブログ 古書買取強化中


古書店店主がつづる本と旅に明け暮れる日々..  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  【 智林堂書店 】     (電話)0742-24-2544   近鉄奈良から徒歩5分 もちいどのセンター街内 
by 智林 椰子生(ともばやし やしお)
プロフィールを見る
画像一覧

マルタ航空でマルタからカターニアへ移動

バスでヴァレッタへ戻る。狭い国土に縦横無尽に道路がはりめぐらされているのがわかる。
ホテルへ荷物をとりに戻ると、ウエルカムドリンクならぬグッバイドリンクがふるまわれる。夕方なのでチェックインの客と間違われたらしい。
空港へはX4番のバスで30分ほど。周囲は暗くなってきたが街灯が少なく、そんな暗がりの中で車が走るのに妻は驚いた様子。まあ日本が明るすぎるんだと思うけど。
さて我々のフライトはマルタ航空のカターニア行である。イタリアのシチリア島まで飛ぶわけだ。
このルートは日に2便あり、早朝便は時間的に使いづらく値段もやや高い。
夜便も日によって値段が違ったりするが同社サイトから事前予約で最安値の航空券がとれた。1人で49.73ユーロ。
その飛行機は20時50分定時発、カターニアまではわずか40分の行程だ。
a0163227_14495237.jpg

by chirindo-tensyu | 2017-02-06 18:27 | マルタ | Comments(0)

ヴィトリオーザのレストランで兎料理を

マルタでは兎を食べる習慣があるという。マルタ滞在最後の食事にはこの名物の兎料理を賞味してみたかった。
ヴァレッタにいるときから私は「ラビット、ラビット!」と唱え続けていた。
なぜなら妻が「昼はトルコ料理にしようか」などと言い出すのを先んじて阻止するためだ(笑)。
バスを降りたときから、「デ・サントル」という1軒の店に目をつけていた。妻も異議なしというので入る。
a0163227_14243492.jpg
a0163227_14245521.jpg
店内はシックで人のよさそうなおじさんが1人で給仕をきりもりしている。
「今日は羊がおすすめだよ」と笑顔でおじさん。
それじゃ羊をと言いかけて慌てて兎と訂正。
a0163227_14221360.jpg
a0163227_14223851.jpg
兎のシチューはサラダ、ポテト付。12.9ユーロ。
妻はデイアボロピザを注文。8.5ユーロ。
Bloeという生ビールは私好みのエールタイプでシチューのような濃厚な料理にも合う。
さて、待望の兎は意外にも鶏に似た淡白な味で正直、羊のほうがよかったかと思うが他ではなかなかお目にかかれない料理が食べられたので満足。
おじさんに感想を聞かれたので他の客を真似て「パーフェクト!」と言ってみた。
それにしてもマルタのレストランは一皿の分量が多く満足度が高い。
海鮮料理も試してみたかったと今にして思う。



にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村
by chirindo-tensyu | 2017-02-05 18:52 | マルタ | Comments(0)

ヴィトリオーザの戦争博物館

マルタを発つのは夜なのでどこかで時間をつぶす必要がある。
正午のチェックアウトまでねばり、荷物を預けてヴィトリオーザという町に行くことにする。1番のバスで30分ほど。
a0163227_13483964.jpg
町の見所といえば戦争博物館くらいしかないので入る。入場料10ユーロ。オーディオセットを貸してくれる。日本語も選択できる。
マルタについてはほとんど予備知識がなかったが、その地理的条件上さまざまな外敵の脅威にさらされてきたことがわかる。
a0163227_13473821.jpg
a0163227_13475491.jpg
a0163227_13481269.jpg
戦争の記録映画を見た後、ヘルメットを被って地下の防空壕へ入る。もちろん実際に使われていたものだ。長期間の潜伏に耐えられるよう寝食するための部屋も設けられている。出口がわからなくなったりして人生初の防空壕体験はスリリングだった。
by chirindo-tensyu | 2017-02-04 18:14 | マルタ | Comments(0)

リパブリック通りのカフェで朝食を

夜は妻がインド映画のTVを見だす。言葉も分からないのに、と思うがインド映画は筋が単純だからな。
私には面白くないし寝られないので7階のビジネスセンターに行くがとっくに閉っている。18時で終了、開くのは9時からとはふざけている。これでは深夜1時から始まる日本市場の取引に参加できないではないか。
翌朝、9時を待ちかねてビジネスセンターへ。パソコンは3台あり仕事のはかどりそうな環境だったが、スタッフのお姉さんがいて10分以上の利用は有料になると言う。その10分間で手早く「仕事」をして退出。
妻とリパブリック通りまで歩き、オープンテラスのカフェで朝食。
a0163227_13112886.jpg
サーモンサンドはシンプルにサーモンのスライスしか入っていない。ホップ・リーフというマルタの生ビールも注文。チスクよりましだがやはり薄め。
ヴァレッタ城塞まで歩き風情のある坂道の裏通りから引返す。
a0163227_13121749.jpg

by chirindo-tensyu | 2017-02-03 18:40 | マルタ | Comments(0)

ヴァレッタの「グランドホテル・エクセルシオール」

バスでヴァレッタへ出ると、海のほうへ歩いて10分ばかりの5つ星ホテル「エクセルシオールへ」。事前予約で素泊り12624円+現地税50セント。
a0163227_15584398.jpg
a0163227_1559764.jpg
宏壮かつ豪華ではあるが外観はやや薄汚れている。15時まで入室できないと言われその辺で時間をつぶす。
15時前に戻ったが15時過ぎてようやくチェックインできる。15時インというのは高級ホテルとしては遅いし、もっと柔軟に対応できないものかと思う。
a0163227_15594769.jpg
a0163227_1813463.jpg
「できるだけ最上階で静かで眺めのいい海側の部屋」とフロントで気ままに希望を伝えてみたが、通されたのは全10階のうち4階のかろうじて海の見える部屋。泊り客が多いようだし上階のフル・オーシャン・ヴューの部屋は値段が違うのだから仕方ない。40ユーロの差額料金を払うのも馬鹿らしくそこに収まる。
予約内容を後日再確認すると我々のデラックスルームは何と「シティ・ヴュー」となっていた。本来は海と反対側で海が全然見えなくても文句は言えなかったわけで、それ以上の部屋(パーシャル・オーシャン・ヴュー)を用意するため15時まで待てと言われたのだとすればなおさらだ。
平凡なバルコニーがあるのは昨日のホテルと同じ。窓ガラスや壁などの防音性は幾分しっかりしている印象。熱湯もがんがん出るし、空調も静か。部屋もグレードアップしてもらえ結果的にはここに連泊でもよかった。
疲れが出て2人とも夕方まで寝てしまう。
a0163227_135116.jpg

a0163227_1353821.jpg
日が暮れた頃に町へ繰り出す。歩行者天国のメインストリート、リパブリック通りは大変な賑わいで神戸ルミナリエのような電飾がある。
我がホテルもライトアップして昼間とは違った華やかな夜の一面を見せている。
by chirindo-tensyu | 2017-02-02 18:23 | マルタ | Comments(0)

ムディーナのレストランでマルタ料理を賞味

城壁を一巡りすると、下の庭から道路までエレヴェーターがある。
エレヴェーターの中で誰かが小便をした跡があって臭う。
私も小用を催していたが城塞の中には公衆トイレが見当らず外にもない。外国で不便なのは観光地でも公衆トイレが少ないことだ。
レストランで食事もしてトイレを借りようということになる。
a0163227_15153781.jpg
城門近くの「イル・ヴェドゥータ」という店に入る。せっかくだからマルタの名物料理を食べたい。
マルタソーセージとマルタ風ピザを注文。生ビールはなく薄味の瓶のチスクで我慢。
a0163227_1516312.jpg
a0163227_15162253.jpg
マルタソーセージは洒落ではなく丸太のように太くサラダとポテトもついている。11.5ユーロは高い気がしたが納得のヴォリュームと味。
ピザには同じソーセージが入っているのを見て、しまったと思うがこれまた美味。9.5ユーロ。
隣席には偶然にも日本人らしきカップルが居合せた。
後でトリップ・アドヴァイザーを見るとなかなか評判の店のようだった。
by chirindo-tensyu | 2017-02-01 18:36 | マルタ | Comments(0)

バスでムディーナの城塞へ

朝飯を食べてから館内のビジネスセンターへ。無人のオフィスに3台のパソコンがあり24時間使い放題。プリンターは有料らしい。
さて、マルタには2泊するが本日はヴァレッタの別のホテルに予約済。近くのムディーナという町を訪れてから午後にヴァレッタへ向うというプランを立てて情報収集。
ホテルの近くには3つのバス停があり、そのうち少し歩くが幹線道路沿いのアッタードというバス停からムディーナへ行けることがわかった。15分おき位に便がある。
a0163227_14292770.jpg
バス停の背後には畑が拡がり境目には仙人掌が生えていて一種異様な景観だ。
20分位バスに乗ると終点ムディーナに到着。高台にあるせいかひんやりする。
a0163227_1430954.jpg
a0163227_14303112.jpg
城門へ入ると石畳の道が四方に広がり、ちょっとした町のようだ。大聖堂などを横目にまっすぐ道を通りぬけると見通しの良い展望台に達する。


にほんブログ村
by chirindo-tensyu | 2017-01-31 18:04 | マルタ | Comments(0)

バスでヴァレッタ経由アッタードへ戻る

バスは荒い運転でくねくね道を曲がりながらヴァレッタのバスターミナルに着く。
このバスターミナルが風変わりな構造で初心者は戸惑うだろう。
バスの連なるロータリーがあるがここは降車専用で、その先L字型にバス乗場が延々と連なる。
アッタード方面へのバスはそのL字の先っぽの方にあり、200m位歩かねばならない。
次のバスまであと10分ほど、目についた売店でサンドイッチとパイを買って飛び乗る。
マルタのバス代は近距離なら75セント、中距離は1.5ユーロでやや割安感がある。
ホテル前でうまく下車できた。
a0163227_1683560.jpg
部屋のバルコニーで安上がりだが充実した夕食とする。チュニジアで買った赤ワインを開ける。
妻は持参のカップ肉饂飩をつくってくれる。
夕景がなかなか美しかった。
a0163227_167523.jpg

by chirindo-tensyu | 2017-01-30 16:00 | マルタ | Comments(0)

スリマの町歩き

a0163227_15355890.jpg
スリマは海岸に開けた町で活気があふれる。海にはクルーズ船が行きかい、対岸には城塞らしきものが見える。
ただクリスマス休暇のため町の商店は多くが閉っている。
スーパーで買出ししたかったが本日休業。
海岸の小さな売店で缶ビール(大)を買う。2ユーロ、これは許せるが妻の買った小さいアイスが3とはぼったくりでは?
マルタのビール「チスク」は薄味。
夕食と明日の朝食用に何か買って帰りたかったが、店が開いていないのでヴァレッタへ出ることにする。
スリマからヴァレッタへは定期船も出ているはずだが、やはり本日は休航のもよう。
a0163227_15353170.jpg
バスも来るのかどうか分からず、観光客らは不安げにバス停で待っている。30分位待ってようやく来る。
by chirindo-tensyu | 2017-01-29 18:10 | マルタ | Comments(0)

アッタードのホテル「コリンシア・パレス」

a0163227_15435243.jpg
a0163227_15441332.jpg
アッタードは閑静な住宅街で大統領官邸もある。
5つ星ホテル「コリンシア・パレス」は周囲に溶けこむようにひっそりある1軒宿だ。歴史を感じさせる重厚な風格。事前予約で素泊り10711円+現地税1ユーロ。
クリスマスのせいか館内は賑わっている。レストランも大変な混みようだ。
a0163227_15432121.jpg
最上階(といっても3階)の部屋がとれた。バルコニーからは道路と町の建物しか見えないが。
まず、うがいしてチュニジアとの水の違いを体感。マルタのは違和感がない。
冷蔵庫のミニバーが充実しているのも嬉しい。高いので飲まないが(笑)。
ホテルの周囲には商店もレストランも何もない。町へ出るにはバスかタクシー、あるいはホテルの送迎車となる。
無料の送迎車は14時半に港町スリマまで行くのが最終というのでそれに乗車。乗客は我々2人のみで贅沢な気分。
by chirindo-tensyu | 2017-01-28 18:26 | マルタ | Comments(0)

古書全般買取

古書全般買取 

(学術&一般書、雑誌、古銭、切手、鉄道用品、美術品、刀剣、CD、DVDなど持込歓迎!)

大量の場合は出張買取!
経験豊富な店主が参上し適切査定・即金でお支払
寺社・大学・公的機関OK!!

まずはお電話をemoticon-0129-call.gif

【智林堂書店】
近鉄奈良駅南へ徒歩5分
もちいどのセンター街内

0742-24-2544
(昼~夕方頃、営業不定)
0742-44-3110
(時間外 8~20時頃)

検索

ブログジャンル