奈良の古本屋・智林堂店主のブログ 古書買取強化中


古書店店主がつづる本と旅に明け暮れる日々..  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  【 智林堂書店 】     (電話)0742-24-2544   近鉄奈良から徒歩5分 もちいどのセンター街内 
by 智林 椰子生(ともばやし やしお)
プロフィールを見る
画像一覧

最も過酷な古書買取記★後編

今回の買取にテーマ性があるとすれば、ずばり実用書!実用書っていうとバカにする業者もあるけど、個人的には好きですね。しょうもない文芸書よりはいいと思う。役にたつし、目で見て楽しめるという点で。
a0163227_2012354.jpg
a0163227_2024172.jpg

a0163227_2032114.jpg

多かったのは、植物・鑑賞魚の図鑑や園芸書などのたぐい。
a0163227_2024271.jpg

吉田清治 『黒松盆栽』樹石社なんて、いかにもマニアック!
a0163227_20412100.jpg

園芸大百科事典は在庫がダブってしまいました。思いきり安く放出します。
その他、書道・奇術・将棋・押花・折紙・武術など、まさに趣味と実用書のオンパレード、世界の凧の本までありました。
a0163227_20214883.jpg

あと、これは近くの朝倉文庫さんの領域と重なるけど、ミステリ&SFの本。不勉強ながら、最近この分野にも力を入れたいとひそかに思ってます。
a0163227_20122129.jpg

レム『ヨン博士の航星日記』なんてどうでしょう。
ちょっと毛色の変った本も仕入れられて、本運びという名の肉体労働に従事した甲斐はありました。
by chirindo-tensyu | 2010-10-14 20:18 | Comments(2)

最も過酷な古書買取記★前編

近隣の商店街の某ショップの依頼を受けて、買取に行きました。あいにく、この日に限って助っ人や車の手配ができず、 朝からひとりで台車でむかうことに。予想以上に量があり、困ったなと思いましたが、不要な本は置いていく条件で、選りわけてもって帰れたのは幸いでした。それでも、結構重い本が多く、チャチな台車で何往復もするのは無謀だったかも。
a0163227_20293668.jpg

平坦な道なので距離はそう気にならないのですが、問題は歩道のとぎれる区間のわずかな段差。積荷がバラケぬよう紐で台車ぐるみ縛っておきましたが、案の定段差でつまずき、台車もろとも横だおしになることも。見かねた通行人が手をかしてくれたりして、何とか運びきりました。
a0163227_20325490.jpg

あまりの重さに、自ら崩壊した段ボール箱・・・。
途中、3リットルもの水分を補給し、替えたシャツも3枚・・・。真夏の経験から、予めそういう事態を想定し、替えシャツを用意したのは、われながらさすがでした。
肝腎の買取内容についてはまた明日・・・。
by chirindo-tensyu | 2010-10-13 20:46 | Comments(0)

「COM」など漫画雑誌が新入荷

四天王寺再訪に天神さんももくろんでおりましたが、いけない見通しとなりました。連休中はやはり、持込やら、新規の出張買取の相談やらで実店舗のほうがフルに忙しいので・・・。それはそれでよし、店での買取が充実してれば、わざわざ他店の出店する市にまで仕入れに行く必要もないのですから。
今日も漫画雑誌の大量持込があり、査定に悩みましたが、何とか交渉成立。
a0163227_21221220.jpg
a0163227_21222044.jpg
a0163227_21223113.jpg

「COM」の創刊号からの揃いや「少年マガジン」などのちょっと古いやつ。明日もまたもってきてくださるそうで・・・。しかし、単行本とちがって雑誌は売るのがキツイ。一山いくらって感じでは? ちりんちゃんは初出雑誌のほうがオリジナルで価値があるようなことを言ってたけど・・・。
by chirindo-tensyu | 2010-10-10 21:34 | Comments(2)

四天王寺古本祭の成果

これはどうだー、という大物を釣りあげてみたいものですが、そうもいかぬのがこの道。雑魚のなかにちょっと光るものがあれば、というくらいの気持ちで・・・。では早速、釣果のほどを。
a0163227_1053318.jpg

平川祐弘『中世の四季 ダンテとその周辺』。別に珍しくはないけど、力のこもった内容。ホイジンガの『中世の秋』を意識したタイトルですね。はじめ、元版のほうを買って、別の店で新版も発見、おやおやという感じで両方買ってみたの。でも、元版のデザインの方が好きだなあ、私は。
a0163227_10555796.jpg
a0163227_1131124.jpg

海外文学関連でもう1冊。中国語版『魯迅の青少年時代』。絵本仕立てになっていて楽しめます。
a0163227_105947.jpg

島田修二歌集『渚の日日』。自筆歌・署名入り。しかも書簡付!
四天王寺に来たからには仏教関連の本も買わねば・・・。
a0163227_11105175.jpg

須藤光暉『法然上人』明治44年。どこかのお坊さんの献呈署名入。
他に日本思想大系の「律令」が買えたのも収穫。この大系シリーズも古典大系といっしょに、撒餌がわりに均一台に並べられることが多いけど、「律令」の巻だけはまず出ないですよ。
a0163227_11291919.jpg

上山勘太郎『実伝・紀伊国屋文左衛門』。昭和14年。奥付を見ると五版までいってるので、そうレア物でもなさそうだけど、調べてみると結構古書価の高い本でした。
ほかに奈良本やら旅の本やらいろいろ拾えたし、行っただけのことはありました。たどり着いたときにはもうさんざん荒らされていたけど、百均コーナーにも、きっといいのがあったんでしょうね。
by chirindo-tensyu | 2010-10-09 11:31 | Comments(0)

四天王寺古本祭初日

今年は初日から参加。記念すべき第10回・四天王寺の秋の古本市。
a0163227_18491229.jpg

30分前に着いちゃった。気合入ってますねー。でも、広い会場、どこからどう周るべきか。これは永遠の課題にして難問。
a0163227_18483715.jpg

イメージキャラクター「メー探偵」君にきいても答えてくれそうにありません。水明洞、クライン文庫など個人的にひいきにしている店はあるんだけど、その時によってあたりはずれがあるしね。
こちらも気になる超弩級・百円均一コーナーは捨ててかかる方針で、目星をつけた店から順に周り、百冊ばかりを購入。例によって収穫品は宅配便で送ったので、紹介はまた明日・・・。
会場で古跡人さんと会い、買った本を見せてもらうと池田源太『大和叢攷』がありました。さすがにお目が高い。ただし、均一からではなく〇千円とのこと。それでも安い!こっちは均一台しか見てないもんね。
帰りぎわには智林堂のファンという女性の方から声をかけられ、スタンプラリーの使いかけの用紙を頂戴しました。会期中もう一度行くので、その時にまた使わせてもらいます。ありがとサンキュー!
by chirindo-tensyu | 2010-10-07 18:54 | Comments(3)

プレミアム商品券とホームレスのお客さん

遷都1300年祭記念プレミアム商品券が先ごろ売り出され、好評のうちに完売したもようです。
a0163227_12242555.jpg

私も、売り出し日の朝から並んで10冊(11万5000円分)確保。ちなみに、智林堂ではこの券はお使いいただけません。
昨年の夏にはたしか、まほろば商品券という名で同じような地域限定のお得な買い物券が売り出され、やはり飛びついて買いました。それで思い出したのが、突然店に現れた自称ホームレスのおじさん。本には目もくれずに、しゃべるだけしゃべって帰っていったのね。きっと、誰かに聞いてほしかったのかなー。
話によると、ふだんは浮見堂に寝泊りしていて、奈良公園で自分の描いた絵を売っているとか。イタリア人の観光客が買っていったこともあるらしい。大切な画材道具は公衆トイレに隠していたけど、清掃のおばさんに見つかり処分されてしまってマイッタ!
それである日、通りすがりの人からまほろば商品券を千円めぐまれて、東向通りの「あおによし」にラーメン食べにいったの。でも、ラーメンって500円くらいだし、券でお釣りは出ないっていうから、オプションで餃子とかいろいろ頼んだらもう食べ切れなくてさー、なんて・・・。
その後見かけないけど、お元気でいますか?
by chirindo-tensyu | 2010-10-05 12:52 | Comments(0)

現役パイロットにお譲りいただいた飛行機の操縦マニュアル

きっかけは文庫本の棚にあった小型のフライトガイドでした。やや若い男性に呼ばれて、初夏に団地の一室へ宅買いに行ったおりのこと。例によって歴史物の全集、文庫本などで古書的な妙味はなかったのですが、意外なところで収穫があるものです。
a0163227_992794.jpg

a0163227_9132881.jpg

場違いに差してあった1冊の本。アメリカ西部の空港ガイドのようです。
「こういうの、もっとないですか」
「えっ、こんなものでもいけるの。まだあるよ」
いけますとも。マニアが大勢いますから。ぜひ見せて下さいと奥から出してきてもらったのが、アメリカの飛行機とヘリコプターの教則本・操縦マニュアルの類。
a0163227_9262811.jpg

a0163227_9453087.jpg

ハイレベルな内容で、門外漢にはちんぷんかんぷん。
a0163227_9124593.jpg
a0163227_9121292.jpg

カリフォルニア州の空港の見取り図などが満載のこちらは面白そう。
a0163227_9203911.jpg
a0163227_9153231.jpg

イベリア半島の航路地図も。これらは一般ルートでは入手できないものでは?
聞けば現役のパイロットで、アメリカで教官もしていたとのこと。現在は国内で、定期路線ではなく、個人客のリクエストに応じて小型機を飛ばしたりする仕事みたい。
高くつくらしいけど、いつか八尾飛行場あたりから個人フライトをお願いしてみようかな・・・。
「宙返りとかもできるんですよ」
それはちょっと、遠慮しときます。
by chirindo-tensyu | 2010-10-01 09:32 | Comments(0)

古書全般買取

古書全般買取 

(学術&一般書、雑誌、古銭、切手、鉄道用品、美術品、刀剣、CD、DVDなど持込歓迎!)

大量の場合は出張買取!
経験豊富な店主が参上し適切査定・即金でお支払
寺社・大学・公的機関OK!!

まずはお電話を030.gif

【智林堂書店】
近鉄奈良駅南へ徒歩5分
もちいどのセンター街内

0742-24-2544
(昼~夕方頃、営業不定)
0742-44-3110
(時間外 8~20時頃)

検索

ブログジャンル