奈良の古本屋・智林堂店主のブログ 古書買取強化中


古書店店主がつづる本と旅に明け暮れる日々..  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  【 智林堂書店 】     (電話)0742-24-2544   近鉄奈良から徒歩5分 もちいどのセンター街内 
by 智林 椰子生(ともばやし やしお)
プロフィールを見る
画像一覧

<   2013年 08月 ( 28 )   > この月の画像一覧

入江泰吉写真集『奈良の四季』や古社寺のVHSを買取

「何日がかりでも整理のお手伝い」
というのが当店の買取時のひとつの謳い文句である。
もう何度目になるだろうか、大量買取の長老宅へ最後の仕事に行った。
もうめぼしい本は残っていないはずだが、長老から自分の寺の本を一部返すよう言われたのでそれを持っていくためと、最後に見落としがないかもう一度みておきたかったからだ。
家や倉庫は残念ながらすっからかんになっていた。先日業者が来て何もかも一切合財持っていったという。唯一メインの書庫にはまだ数百冊もの本が残されていて、後は捨てるだけだから好きなだけ持っていっていいという。
a0163227_15263657.jpg
『奈良の四季』は入江泰吉の写真集としてはやや珍しいもの。ほかに奈良の古社寺のVHSセットなど今回新たに目にするものもあり、店の営業を犠牲にして来ただけのことはあった。「週刊朝日百科 日本の歴史」シリーズも前回までは目にとまらなかったが捨てるには惜しくて持ち帰る。
長老宅はその日から取り壊しにかかるとのことだ。
by chirindo-tensyu | 2013-08-31 19:09 | Comments(0)

究極の日本料理書『精進料理大事典』全5巻 ヤフオク出品から

ある意味日本料理の極北ともいえる精進料理、その精粋をまとめた画期的な『精進料理大事典』全5巻、料理人にも一般人にも永遠に読み継がれる書物であろう。
a0163227_20511856.jpg
a0163227_20512773.jpg

これらの料理なら毎日でも食べたい! 肉食や西洋料理の好きな私でさえ、眺めていてそう思った。
by chirindo-tensyu | 2013-08-29 20:55 | Comments(0)

中華料理の集大成『中国名菜集錦』全9巻 アマゾン出品から

でかくて重い、そして値段はさほど高くない。古本屋泣かせのような本だが内容は優れている。
a0163227_2113891.jpg
『中国名菜集錦』全9巻は広東・上海・北京・四川の代表的料理を網羅、これを見ていたら中華料理を食べたくなること間違いなし。
by chirindo-tensyu | 2013-08-28 18:57 | Comments(0)

谷口雅男『ふるほん文庫やさんの奇跡』と会社長失踪の謎

このところ、就眠の友に谷口雅男『ふるほん文庫やさんの奇跡』を読み返している。谷口氏が経営する古書店と図書館をほったらかしにしたまま目下失踪中というニュースに接したからだ。
この自伝的な本は何度も読んで内容はわかっているのだがそれでもついつい読んでしまう。古本屋の書いた本としては破格の面白さだ。
でも、どうしてもわからないことが2つある。そもそも、なぜ文庫本オンリーなのか。新書や単行本には一切興味がないのだろうか。文庫本という判型が好きなのはわかる。当店の客にも文庫しか買わない人がいる。しかし、個人の趣味ならともかく商売的には文庫一本に絞るのはどう考えても不利なのだ。文庫本だけではやっていけない。これは古本屋なら誰でもそう思うはず。文庫だけで得られる利益より、それ以外の本も置いていたら得られたであろう逸失利益のほうが大きい。誰もやらないのはそれなりの根拠と理由があるのだ。
神田には「文庫川村」という専門店が昔からあるが、それは例外中の例外。好立地に恵まれ店を拡大したりせず厳選した本を置いているからこそできること。それにあそこは新書や単行本も少しは扱っていたと思う。
次に谷口氏が文庫本の巨大な古書店だけでなく図書館まで造ってしまったという点。これはどうしても理解できない。書店と図書館というのは本来相反する関係にあるものだしな。大企業が美術館を設立するように、本業で儲かりすぎて余剰資金で造るならわかるがそうでもなさそうだ。むしろ内情は火の車だったようで、それで今回の失踪劇ということになったのだろう。
株式会社だから株主も債権者もいるはず。建物の貸手も家賃を滞納されたままで困惑しているという。そして何より残された膨大な本の救済のためにも会長は出てきてほしいものだ。
by chirindo-tensyu | 2013-08-26 18:33 | Comments(2)

キリンビール「秋味」と秋限定の発泡酒

毎年、8月の終わりになると出るのが「秋味」その他秋限定の発泡酒。
「秋楽」「秋宵」「富良野の秋」と、現在店頭に並んでいるのはそんな銘柄だ。
秋味をはじめて飲んだ時は何て旨いビールかと思った。今はそんな感動はないし、飲むのはもっぱら発泡酒である。
でも1本だけ秋味を飲む機会があった。エキサイトのキャンペーンで当ったので。ネットで応募すると当選番号がメールで送られてくる。ファミリーマートの「ファミボード」でその番号を入力しクーポン券に替え、店内の該当商品に換えられるというシステム。ネットにはこのように新商品を無料で獲得できるチャンスがいくらでも転がっているから、暇な人はチェックしてせっせと応募してみよう。
a0163227_22322799.jpg
ひさびさに飲んだ秋味の感想は・・・・・・まあどうってことない。もっと濃厚なイメージがあったが普通の日本的なビールって感じ。麦芽が従来製品比1.3倍と謳ってあるがそもそも成分には米やコーンが含まれているから、純粋なビールでもないのだ。
もちろん、発泡酒よりは旨い。しかしビールは麦100パーセントがいいね、やっぱり。
by chirindo-tensyu | 2013-08-25 18:14 | Comments(0)

古田清幹『道鏡の生涯』 アマゾン出品から

古田清幹『道鏡の生涯』は日本のラスプーチンとも評される謎多き人物・道鏡の本格評伝。
a0163227_13543761.jpg
本書は小部数発行の元版の復刊、ただこの復刊本も稀少であり、見かけたときに買っておきたい。
by chirindo-tensyu | 2013-08-24 18:49 | Comments(0)

「フロイト著作集」全11巻 ヤフオク出品から

今日ではその学説の一部が否定されているというが、心理学・精神医学の基盤を築いたフロイトの全集。
a0163227_22472940.jpg
読まれた形跡のない美本で、自信をもっておすすめ。
by chirindo-tensyu | 2013-08-23 18:31 | Comments(0)

「私の履歴書」シリーズ文化人編全20巻ヤフオク出品から

ビジネス人や経営者にも人気の日本経済新聞社「私の履歴書」シリーズ・文化人編全20巻。
a0163227_22395299.jpg
じっくり読んで賢人の生き方に学んでみよう。
by chirindo-tensyu | 2013-08-22 18:36 | Comments(0)

「前田本元輔集」 尊経閣叢刊古典籍複製 ヤフオク出品から

「前田本元輔集」は昭和17年複製ながら稀少性が高く、博物館級の古書といっても過言ではない。
溜息の出るような金銀箔散等美料紙を再現した逸品、桐函入。
a0163227_19531936.jpg
a0163227_19533039.jpg

by chirindo-tensyu | 2013-08-21 18:48 | Comments(0)

奈良瓦宇製作★飾り瓦 ヤフオク出品から

奈良県の有名瓦店「奈良瓦宇」の昭和48年製作になる飾り瓦。重量約1600グラム超、和洋室のオブジェとしていかが。
a0163227_19343093.jpg
a0163227_1934464.jpg

by chirindo-tensyu | 2013-08-20 19:15 | Comments(0)

古書全般買取

古書全般買取 

(学術&一般書、雑誌、古銭、切手、鉄道用品、美術品、刀剣、CD、DVDなど持込歓迎!)

大量の場合は出張買取!
経験豊富な店主が参上し適切査定・即金でお支払
寺社・大学・公的機関OK!!

まずはお電話をemoticon-0129-call.gif

【智林堂書店】
近鉄奈良駅南へ徒歩5分
もちいどのセンター街内

0742-24-2544
(昼~夕方頃、営業不定)
0742-44-3110
(時間外 8~20時頃)

検索

ブログジャンル