奈良の古本屋・智林堂店主のブログ 古書買取強化中


古書店店主がつづる本と旅に明け暮れる日々..  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  【 智林堂書店 】     (電話)0742-24-2544   近鉄奈良から徒歩5分 もちいどのセンター街内 
by 智林 椰子生(ともばやし やしお)
プロフィールを見る
画像一覧

<   2014年 06月 ( 24 )   > この月の画像一覧

前川健一の手書き本「東アフリカ」 アマゾン出品から

前川健一は『アフリカの満月』でJTB紀行文学大賞を受賞、その原点もアフリカであった。
『東アフリカ トラベルハンドブック』1983年は珍しい手書き文字の印刷本。
a0163227_14564947.jpg
a0163227_14561058.jpg

そして古いガイドブックという性格上、今となっては探すのが非常に困難な本である。神田とかを廻っても無理で、意外とバンコクあたりの古本屋に無造作に置かれていたりするかもしれない。
by chirindo-tensyu | 2014-06-30 14:53 | Comments(0)

AKBの写真集など古本買い逃し記

久々に店頭に持込があった。
見れば女優やタレントの写真集ばかり20冊ほど、状態は良く比較的新しいものが多い。
「たばこ代にでもなれば」というので適当な額を告げたが、
「ネットの値段をちゃんと調べてよ」と言われる。
それでアマゾンの相場をひととおりチェック。
何冊かは高値で売れそうなのもあったが、前田敦子とかAKBのは1円から数十円でどうにもならない。
それにアマゾンの値は目安であって、実際には出品者同士の値下げ合戦が激しく、ついている値よりかなり安くしないと売れないのが現状だ。
少し上乗せした額を告げなおしてそう説明したが、
「ブックオフならもっと高く買ってくれるはず」と相手は引き下がらない。
私の経験では以前その手の写真集をブに持っていって1冊10円にしかならなかったので、そんなはずはないと思ったのだが、結局値段が折りあわずに買取を断念。
ちなみに周囲の古書店では写真集の買取は拒否されたというのでチャンスだったのだが、ブックオフに持って行かれるとは・・・・・・。
by chirindo-tensyu | 2014-06-28 19:16 | Comments(0)

奈良の南インド系カレー料理店「タリカロ」

先日、新カノがご来店。奈良町をぶらついてみたいという。私は店番があるので地図を渡して一人で行ってもらう。
閉店時間前に戻ってきたので成果を聞く。酒仙堂さんまで行ったら店主が奥から声をかけてくれたが、ビビッて畳の上まではあがらずに帰ってきたとのこと。
さて、その日の夕食は二人で南インド料理店「タリカロ」へ。奈良市内のどこかから当店のすぐ近くに越して来られて気になっていた店だ。
a0163227_1504868.jpg
民家風の控えめな外観。玄関には、非常に辛いカレーなので小学生以下の子どもはお断りとの貼札が。
さらに中へ入ると、「当店の料理を食べて調子が悪くなっても責任は負いません」との注意書きが。どうやら、ただのカレーではなさそうだ。
何種類かのカレーがセットになったプレートを注文。
野菜と海老のカレーはそう辛くはなくまあ普通だ。
チキンカレーは本場さながらの激辛風味、これは効く!
新カノはたちまち顔を赤くして水を飲む。
私は水は飲まず生ビール「ハートランド」で辛味を緩和。
ラッシーのカクテルも注文。ラム酒か椰子酒のようなものを混ぜてあるようだが、内容は企業秘密として教えてもらえず。
インド産の赤ワイン「スーラ」も置いてあるのは本格的だが、激辛カレーに合わせるのは無理なことは現地で実証済み。
「辛さに負けました」と言って、別の客が立ち去っていく。
私もひさびさに胃腸に熱い熔岩がたまるような刺激的な感覚を味わった。
奈良では最強のカレー店の一つといっていいだろう。
by chirindo-tensyu | 2014-06-27 18:29 | Comments(4)

ヤマトの配送センター止や郵便局留めの住所への発送に注意

アマゾンで売れて出荷したはずの本が時々店に返送されてくる。
多くは受取人不在・宛先不完全などのためだが、今回は受取人拒絶との理由だったのでおやおやと思った。
見ればヤマトの配送センターに宛てたもので、社員でない個人客の代理収受はできないという添状があった。
しかし、これはおそらく日本郵便ゆうメールで発送したためと思われる。ヤマトのメール便なら多少の便宜ははかってくれたのかもしれない。
発送前に何となくいやな予感もしたが、配送センターの社員か何かであろうと思って送ってしまったのだ。
早速その個人客に連絡を取ると、送料は相手持ちでもう一度別の住所(多分自宅)に送ることで話がついた。
後日、ヤマトの受取拒絶の件について日本郵便の局員に訊くと、それは当然でしょうとのこと。逆にヤマトや他の業者が郵便局留めのメール便を持ってきたとしたら常識的には受け取らないという。
アマゾンの取引で住所をヤマトの配送センターや郵便局留めにしている客は、発注先の相手がどの業者で発送するのか、また希望の業者で発送してくれるのか事前に確認した上で注文するのが望ましい。多くの出品者は特定の発送業者と契約していて、他社便での振替は困難という場合もあるのだから。


にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村
by chirindo-tensyu | 2014-06-27 07:22 | Comments(0)

郡山駅で福島地酒の純米酒・大吟醸など試飲

郡山駅では空港行きのバスの時間までさらに2時間の待ち合わせ。
また雨が降り出していて、駅にとどまるのを余儀なくされる。
幸い大きなターミナル駅で時間つぶしにはこと欠かない。
土産物を買いまわる。一番人気の胡桃ゆべしなど。鯉の甘煮も見つけたが、向瀧のとは違って1匹まるごとではなくほぐしてある。
一角に日本酒の試飲コーナーがあり、1人の男が真剣な面持ちで利き酒をしている。
「美味しいですか?」と訊くと、
「それりゃ、どれも純米クラス以上の酒ですから」と。
有料だが4種で500円とは安いと思い、私たちもチャレンジ。
a0163227_14355547.jpg
さすがに旨い。「男山」にも色々ランクがあるらしく、ここで飲んだ「夢の香 特別純米」は評価できる。「花春」のしぼりたて大吟醸はさらに旨い。
福島空港へ着いても雨は降りやまなかった。
下界では雨でも飛行機で雲の上に抜けると、晴空が広がっている。
私たちも婚活の闇から晴れ間に、ようやく脱け出てきたのかもしれなかった。


<会津福島旅行記  完>
by chirindo-tensyu | 2014-06-25 18:12 | Comments(0)

ブックオフと会津若松駅の駅弁「蔵出弁当」など

若松駅では郡山方面への列車まで1時間の待ち合わせ。この空き時間を利用してぜひ行ってみたいところがあった。
それはブックオフ! かつてブックオフが全国1000店舗に近づいた頃、全店制覇をひそかにめざし、北は北海道旭川四条店から南は熊本の肥後大津店まで訪れた。その後店舗の閉鎖などが相つぎ熱が冷めることになったが、機会があれば地方の未知の店を覗いてみたいとは思っている。
しかし、会津アピオ店は駅から片道徒歩20分以上かかるという。バスでも行けるが本数がない!私だけなら何とかなるが、女性連れでは遠すぎる距離だ。
「タクシーで行く?」と新カノは言ったが、そこまでの情熱もない。1冊も買える本ないかもしれんしな。
a0163227_141965.jpg
結局あきらめて駅弁を買って快速に乗りこむ。ホームには新潟行のSLも停っていて黒煙を上げている。
「駅弁はやっぱり動く車中で食べないとねー」と話しながらも、待ちきれずに発車前に開けてしまう。
a0163227_1401455.jpg
a0163227_140666.jpg
会津蔵出弁当1200円と「う米う米」弁当1100円、蔵出はちゃんと漆器に入っていて豪華な感じ。
by chirindo-tensyu | 2014-06-24 18:43 | Comments(0)

会津鉄道・塔のへつり駅で途中下車し渓谷奇岩美を鑑賞

これから福島空港へ戻るというと、ホテルの男性は少し驚いていた。
関西へ帰るなら、東京経由で行ったほうが距離的にも心理的にも近いからだ。もちろん私はその可能性も考えた。
ただ、途中の鬼怒川温泉や日光を素通りしていくにはいかにも惜しく、そうなるともう1泊余裕がほしいところ。
それに単に最寄り空港への距離だけを測ると、やはり福島へ戻ったほうが早い。
田島~猪苗代間は例の「会津するっとパス」が使えるという利点もあった。
それで会津高原尾瀬口からは浅草行ではなく、若松行の快速列車に乗りこむ。
フライトは19時なので急ぐ必要はない。時間調整のため湯野上温泉手前の塔のへつり駅で途中下車し、渓谷の奇岩美を鑑賞することに。
同駅は小さな小屋風の駅舎があるだけの無人駅だが、コインロッカーは完備。新カノが500円の大ロッカーを開けようとしたのを制し、300円のロッカーに2人分の荷物を詰めこむ。
「絶対、無理だよ」と言われたが、ぴたりと収まる。この辺は長年バックパッカーをやってきた者の哀しき性か。
身軽になって川まで歩く。
a0163227_16164929.jpg
a0163227_16172461.jpg
吊橋があって対岸へ渡れるようになっている。観光名所なのか意外と人が多い。
崖の上の食堂には狼の毛皮が飾られ、蝮酒や蜂酒、大豆蛋白の天麩羅などが売られている。新カノと味噌汁つきの団子を食ってまったりしていると次の電車に間に会わなくなりそうになり、急いで駅へ戻る。
a0163227_1618294.jpg

by chirindo-tensyu | 2014-06-23 18:49 | Comments(0)

東北大震災と原発事故後の福島の現況

a0163227_14315418.jpg
翌日の朝飯も旨かった。
最終日なので売店で土産物を買いこむ。椎茸饅頭、岩魚の甘露煮、蕗味噌など土地柄素朴なものが多い。
チェックアウトするとフロントにいたイケメンの男性が車も運転して駅まで送ってくれた。
他の客は自家用車か貸切バスで来ているのか、送迎を利用したのは我々だけのようだった。
ちなみに会津バスも走っているが日に数本しかない。
道中、その男性が福島の現況話などを色々聞かせてくれた。
原発事故の除染地域では働かない人が多い。国から高額の補償金が毎月給付されるからで、パチンコ店だけが繁盛しているとか。
自殺率のほか離婚率も高い。放射能から子どもを守るために遠くへ越す・越さないでもめたりするという。
スーパーでは県内と県外産の野菜を並べて売っているが、県外のほうが高いにもかかわらずよく売れる。福島の人でさえ、県外産を選ぶのだという。
その他、雪より放射能を選んだ東電社員の話なども・・・・・・。
旅行者として通り過ぎるかぎりは何事もないように見えても、まだまだ放射能の見えない影におびえている人は多いようである。
by chirindo-tensyu | 2014-06-22 18:25 | Comments(0)

小豆温泉「花木の宿」 その料理編

さて、次の楽しみは料理だ。残念ながら部屋食ではない。ただし、通常部屋の泊り客はレストランになるのに対し、離れ客の特典として専用個室で食べられる。これにも優越感をくすぐられる。
この宿には以前は中国人の腕利きシェフがいて、創作中華のフルコースを提供していたという。理由はわからないが、震災の前年にシェフがやめてから料理も和食に変えたらしい。
「東京の方の会社で指導を受けた料理を出しているんです」と、おしゃべりな仲居さんが言わずもがなのことを言う。
会津の山奥の温泉宿で供される本格中華、一体どんなものだったか気になるがもはや体験できないのは残念。
a0163227_1417656.jpg
a0163227_14173427.jpg
a0163227_14175926.jpg
出てきた和食もそれなりに工夫を凝らしたもので美味ではあった。寿司、鋤焼、岩魚の塩焼、山菜と海老の天麩羅など。
せっかく酒どころに来たのだから日本酒もと思うが、メニューには2ページに渡ってずらりと載っていて選びきれない。
「これはという1本」を仲居さんにリクエスト、出てきたのは純米酒「男山」の冷や。現地ではもっとも愛飲されている酒とのこと。うーむ、日本酒らしい力強い味だが自分的にはやはりビールで通すかワイン(もメニューに載っていた)のほうがよかったかも・・・・・・。
新カノにもこの酒は強すぎるようだった。


にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ村
by chirindo-tensyu | 2014-06-21 18:44 | Comments(0)

小豆温泉「花木の宿」 その温泉編

部屋の奥には水道水利用の桧の湯船があり、そこまでは普通。
a0163227_13291748.jpg
その戸外に張り出したテラスには滾滾と沸く露天風呂が!これはまぎれもなく温泉だ!
「露天風呂付客室に泊まるのがあこがれだったの」と新カノも驚嘆感激。部屋が離れであることは事前に伝えていたが、温泉露天風呂付であることは内緒にしていた。予想通りのサプライズ効果となった。これは離れ5室のみの特典でもある。
雨が降り出していたが、気にせず早速温泉に浸かる。
湯は無色透明で、わずかに硫黄のにおいがする。
もちろん自家源泉のかけ流し、ただしそのまま入るには高温で少し加水する必要があるが、熱めでもぬるめでも自分の好みの温度に調節できるのは好都合だ。
これはもう病みつきになるね。結局、翌朝までに8、9回も入っただろうか。
ところで、台湾では客室にまで温泉を引いてある宿は珍しくない。トルコやルーマニアでもそういう宿があった。かたや温泉大国・日本では温泉付客室は稀で、あってもかなり高額なのでそうおいそれと利用できるものではない。あふれるほどの豊富な湯量があるなら大浴場など造らずに客室に廻したほうがいいとおもうのだが、どうだろう。



にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ村
by chirindo-tensyu | 2014-06-20 18:02 | Comments(0)

古書全般買取

古書全般買取 

(学術&一般書、雑誌、古銭、切手、鉄道用品、美術品、刀剣、CD、DVDなど持込歓迎!)

大量の場合は出張買取!
経験豊富な店主が参上し適切査定・即金でお支払
寺社・大学・公的機関OK!!

まずはお電話をemoticon-0129-call.gif

【智林堂書店】
近鉄奈良駅南へ徒歩5分
もちいどのセンター街内

0742-24-2544
(昼~夕方頃、営業不定)
0742-44-3110
(時間外 8~20時頃)

検索

ブログジャンル