「ほっ」と。キャンペーン

奈良の古本屋・智林堂店主のブログ 古書買取強化中


古書店店主がつづる本と旅に明け暮れる日々..  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  【 智林堂書店 】     (電話)0742-24-2544   近鉄奈良から徒歩5分 もちいどのセンター街内 
by 智林 椰子生(ともばやし やしお)
プロフィールを見る
画像一覧

<   2014年 07月 ( 27 )   > この月の画像一覧

漫画古書店の大量買取記 その3

プラネットさんからの搬入はいよいよ最終局面を迎えた。
店内にはもうめぼしいものはほとんど残ってないように見えるが、よく探すと御厨さと美『裂けた旅券』の完全セットなどが出てきたりするからあなどれない。
a0163227_14393117.jpg
店頭には無料でお持ち帰りコーナーができ、店主も奥から次々に出していく。
こちらも店の前を通るたびに覗いている。
ところで、その無料本コーナーから大量に当店に持ちこんでくる客がいるのにはあきれた。買い取れるわけないって!少しでも金になればと思ったのだろうが、世の中そんなに甘くない!
「値段つかないですよ」と言ったら、
「じゃあ、ただでいいので引き取ってよ」
「しょうがないっすねー」ということになり、余計な本がまた一段と店内にあふれていく。
by chirindo-tensyu | 2014-07-31 19:08 | Comments(0)

「少年サンデー」「少年マガジン」の1970年代もの

a0163227_1544948.jpg
a0163227_1544231.jpg
「少年サンデー」「少年マガジン」の1970年代もの、珍しいといえば珍しいが大したことないといえばたいしたことない。この手の雑誌、以前にもヤフオクに出品したが、100円でやっと落札されたのだったっけ。せめて1年分ほど揃っていればなあ。
by chirindo-tensyu | 2014-07-30 18:02 | Comments(0)

中古本コミックの整理に追われる日々

プラネットさんからの搬入はまだまだ続く。
新カノがまた店に手伝いに来てくれたので、店番と本の整理を任せる。
元書店員だけあってなかなか手際がよい。
作者別・作品別にきちんと仕分けしてくれたのでその後の作業がやりやすかった。
美内すずえを私が「びない」と読むと、
「みうちですよ」と、言う。
「身内? 親戚なの?」などというとんちんかんなやりとりも。
北海道には美幌(びほろ・)美唄(びばい)なんて地名もある。だから、てっきり「びない」かと思っていた。
ちょっとエッチな成年コミックなどは、
「こんなの置いちゃ、だめだめ」というので奥へ引っこめる。
みつはしちかこ『小さな恋のものがたり』玖保キリコ『いまどきのこども』シリーズなどは彼女のおすすめということだった。
a0163227_14552240.jpg
a0163227_14562124.jpg

by chirindo-tensyu | 2014-07-29 19:32 | Comments(0)

中古本コミックの整理に追われる日々

プラネットさんからの搬入はまだまだ続く。
新カノがまた店に手伝いに来てくれたので、店番と本の整理を任せる。
元書店員だけあってなかなか手際がよい。
作者別・作品別にきちんと仕分けしてくれたのでその後の作業がやりやすかった。
美内すずえを私が「びない」と読むと、
「みうちですよ」と、言う。
「身内? 親戚なの?」などという頓珍漢なやりとりも。
北海道には美幌(びほろ)・美唄(びばい)なんて地名もある。だから、てっきり「びない」かと思っていた。
美内すずえの初期本も出てきたが、ちょっと評価のよくわからないものもある。
代表作『ガラスの仮面』は昔、途中まで読んで挫折したこともあった。
ちょっとエッチな成年コミックは、
「こんなの置いちゃ、だめだめ」というので奥へ引っこめる。
永井豪なども奥へ隠すよう言われる。
玖保キリコなどは彼女のおすすめということだった。
by chirindo-tensyu | 2014-07-29 19:32 | Comments(0)

中古本コミックの整理に追われる日々

プラネットさんからの搬入はまだまだ続く。
新カノがまた店に手伝いに来てくれたので、店番と本の整理を任せる。
元書店員だけあってなかなか手際がよい。
作者別・作品別にきちんと仕分けしてくれたのでその後の作業がやりやすかった。
美内すずえを私が「びない」と読むと、
「みうちですよ」と、言う。
「身内? 親戚なの?」などという、頓珍漢なやりとりも。
北海道には美幌(びほろ・)美唄(びばい)なんて地名もある。だから、てっきり「びない」かと思っていた。
ちょっとエッチな成年コミックなどは、
「こんなの置いちゃ、だめだめ」というので奥へ引っこめる。
玖保キリコなどは彼女のおすすめということだった。
by chirindo-tensyu | 2014-07-29 19:32 | Comments(0)

『オランダ村とプリンス・ウィレム』アマゾン出品

a0163227_15524438.jpg
『オランダ村とプリンス・ウィレム』はあまり見かけない写真集。
by chirindo-tensyu | 2014-07-28 18:51 | Comments(0)

週刊誌「少年ジャンプ」など古本の売買その後

さて、プラネットさんからの引継ぎで始めた週刊誌は当初100円均一だったのを150円に値上げした。
仕入れた雑誌が1冊残らず売れるなら100円でも充分やっていけるが、売れずに廃棄処分せざるを得ないのも大量に出る。
その損失計上や管理コストなどを考慮すると100円では厳しいことがわかった。
大体、100円でも欲しい本は150円でも買う。
欲しくない本はタダでも要らない。
それなら150円で売るべきだ!
雑誌は常連客のおじさんが毎日のように持ちこんで来る。一体どこからこれだけの量の新刊雑誌を調達してくるのか?
プラネットさんにそれとなく聞いてみると、おじさんの本業は元馬券師で、競馬新聞を拾い読んでいるうちに雑誌も拾い集めて売ったら金になることを思いついて始めたとか。
競馬場へ通う定期券も持っていて、途上の各駅ごとに集めてくるんだという話も聞いたが、割に合う仕事とは到底思えない。
しかし、それ以上は「聞かぬが花」「知らぬが仏」であろう。今後も友好な関係を保っていくためには。
by chirindo-tensyu | 2014-07-27 18:28 | Comments(0)

ネット専門古書店は在庫の規模と倉庫の確保が鍵を握る

さて、プラネットさんからは本棚も何本かいただいた。
これは店には置ききれず自宅へ運ぶため、またK堂さんのお世話になる。
ついでに大量のセットコミックも家へ運んでもらう。
これだけの量をどうしようか、いよいよ倉庫を借りねばという話をすると、K堂さんはすでに倉庫を借りたというので驚く。
実はK堂さんと私の自宅の中間点くらいに家庭用品の一時保管として利用されるような手頃な貸し倉庫があり、2人で1室づつ借りようかという話も出ていたのだ。
しかし、K堂さんはそこではなくもっと遠い所に、「優にコンビニくらいはある」広い物件を見つけて決めたという。元は野菜の集荷場として使われていたとのこと。
写真を見せてもらったが、本棚を張りめぐらせば数万冊は置けそうな規模で、少々羨ましくなった。
六畳一間くらいではすぐに一杯になるというのを見越しての大決断らしい。
たしかにそうだ。事業を拡大するのに中途半端な倉庫を借りても仕方ない。
ところで、私はすでに店と自宅に2つの置き場を持っている。K堂さんも今までは自宅と実家などに分散して置いていたという。拠点が何ヶ所も増えるとややこしくならないだろうか?
だからこそ、K堂さんは今後その大倉庫1ヶ所に在庫を集約し作業効率を高められるようにしたようだ。
アマゾンへ大量出品している業者は、地価の安い田舎に体育館ほどもある広大な倉庫を持ち、パソコンを配備し、連日そこで出荷作業をしているんだろうなという話もする。
ある意味、古書店の未来像であるかもしれない?




にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村
by chirindo-tensyu | 2014-07-25 18:06 | Comments(0)

アマゾンや自家サイトなどネットでの中古漫画の販売について

店も自宅もプラネットさんから引き受けた漫画本であふれ、大変なことになっている。
しかし、よくしたものでアマゾンに片っ端から出品すれば何らかのものが毎日売れていく。
ただし、セット物などでも1円からせいぜい千数百円という値段で、『YAWARA』全29巻は1500円ですぐに売れたが、アマゾンに手数料もとられ、送料もゆうパックの超過料金を払い(アマゾンではセット物も一律257円なので)、経費や仕入れ原価なども差し引くとほとんど採算に合わないことがわかるだろう。
ところで、プラネットさんにはネット販売という発想はなかったのだろうか?
聞いてみると、自家サイトなどで多少は出品されていたようだ。
発行元の当の出版社から絶版漫画の注文が舞いこんだり、セット物で注文が来てから1巻足りないのに気づき、あわててブックオフへ買いに行ったりというエピソードを話していただいた。
ただやはり漫画は単価の安いものが多く、梱包発送の手間を考えると到底扱いきれないとのこと。
「1冊づつやってられないし、セット物はこんなんになるしね(と、手で箱をつくるしぐさ)」
私としても店でばんばん売れるのなら、それに越したことはないと思う。
現金をもらって袋に入れて渡すだけ。ネットでの販売に比べてどれだけ楽だろう。
しかし今、店売りだけではどこもかなり厳しいのではあるまいか。
プラネットさんの店舗の後は何になるか未定とのことだったが、古書店が入ることはないだろう。
by chirindo-tensyu | 2014-07-24 18:03 | Comments(0)

『アストロ球団』などアマゾン出品

さて、山積みになった漫画の整理を急ぐ。
セット物をまず片づけたいと思うが、アマゾンでは全7巻セットでも1円というような値になっているのもあり、唖然とする。そういうのは店売りでも多分無理なので、捨てるしかないだろう。
a0163227_16333829.jpg

アストロ球団はちょっとレア物で値にはなりそうだったが、あいにく最後の1巻が見あたない。
by chirindo-tensyu | 2014-07-23 17:30 | Comments(0)

古書全般買取

古書全般買取 

(学術&一般書、雑誌、古銭、切手、鉄道用品、美術品、刀剣、CD、DVDなど持込歓迎!)

大量の場合は出張買取!
経験豊富な店主が参上し適切査定・即金でお支払
寺社・大学・公的機関OK!!

まずはお電話をemoticon-0129-call.gif

【智林堂書店】
近鉄奈良駅南へ徒歩5分
もちいどのセンター街内

0742-24-2544
(昼~夕方頃、営業不定)
0742-44-3110
(時間外 8~20時頃)

タグ

検索

ブログジャンル