奈良の古本屋・智林堂店主のブログ 古書買取強化中


古書店店主がつづる本と旅に明け暮れる日々..  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  【 智林堂書店 】     (電話)0742-24-2544   近鉄奈良から徒歩5分 もちいどのセンター街内 
by 智林 椰子生(ともばやし やしお)
プロフィールを見る
画像一覧

プレミアム商品券とホームレスのお客さん

遷都1300年祭記念プレミアム商品券が先ごろ売り出され、好評のうちに完売したもようです。
a0163227_12242555.jpg

私も、売り出し日の朝から並んで10冊(11万5000円分)確保。ちなみに、智林堂ではこの券はお使いいただけません。
昨年の夏にはたしか、まほろば商品券という名で同じような地域限定のお得な買い物券が売り出され、やはり飛びついて買いました。それで思い出したのが、突然店に現れた自称ホームレスのおじさん。本には目もくれずに、しゃべるだけしゃべって帰っていったのね。きっと、誰かに聞いてほしかったのかなー。
話によると、ふだんは浮見堂に寝泊りしていて、奈良公園で自分の描いた絵を売っているとか。イタリア人の観光客が買っていったこともあるらしい。大切な画材道具は公衆トイレに隠していたけど、清掃のおばさんに見つかり処分されてしまってマイッタ!
それである日、通りすがりの人からまほろば商品券を千円めぐまれて、東向通りの「あおによし」にラーメン食べにいったの。でも、ラーメンって500円くらいだし、券でお釣りは出ないっていうから、オプションで餃子とかいろいろ頼んだらもう食べ切れなくてさー、なんて・・・。
その後見かけないけど、お元気でいますか?
# by chirindo-tensyu | 2010-10-05 12:52 | Comments(0)

現役パイロットにお譲りいただいた飛行機の操縦マニュアル

きっかけは文庫本の棚にあった小型のフライトガイドでした。やや若い男性に呼ばれて、初夏に団地の一室へ宅買いに行ったおりのこと。例によって歴史物の全集、文庫本などで古書的な妙味はなかったのですが、意外なところで収穫があるものです。
a0163227_992794.jpg

a0163227_9132881.jpg

場違いに差してあった1冊の本。アメリカ西部の空港ガイドのようです。
「こういうの、もっとないですか」
「えっ、こんなものでもいけるの。まだあるよ」
いけますとも。マニアが大勢いますから。ぜひ見せて下さいと奥から出してきてもらったのが、アメリカの飛行機とヘリコプターの教則本・操縦マニュアルの類。
a0163227_9262811.jpg

a0163227_9453087.jpg

ハイレベルな内容で、門外漢にはちんぷんかんぷん。
a0163227_9124593.jpg
a0163227_9121292.jpg

カリフォルニア州の空港の見取り図などが満載のこちらは面白そう。
a0163227_9203911.jpg
a0163227_9153231.jpg

イベリア半島の航路地図も。これらは一般ルートでは入手できないものでは?
聞けば現役のパイロットで、アメリカで教官もしていたとのこと。現在は国内で、定期路線ではなく、個人客のリクエストに応じて小型機を飛ばしたりする仕事みたい。
高くつくらしいけど、いつか八尾飛行場あたりから個人フライトをお願いしてみようかな・・・。
「宙返りとかもできるんですよ」
それはちょっと、遠慮しときます。
# by chirindo-tensyu | 2010-10-01 09:32 | Comments(0)

山本善行氏の新刊『古本のことしか頭になかった』を読む

ちょっと植草甚一ふうの散文的なタイトルの本書、出たときから気になっていたのですが、ちりんちゃんが買ったというので、読み終わってから回してもらいました。返さず永久保存版にするつもり。
a0163227_1938820.jpg

文章が短くて読みやすく、店番の合間に一気読み。さすがと思ったのは、古本祭の前に腕立て伏せやイメージトレーニングを続けているってこと。あれは一種のスポーツだもんね。心がまえからして、とてもかなわんと思いました。
あと、古本屋もじつに丹念にまわっています。老舗の古書店もブックオフも差別せず、同等感覚っていうのがいい。そして、どちらからも驚くような本を見つけ出してるんですよね。チャンスはどこにでも転がっていそうだけど、それをものにするのはやはり眼力と日頃のトレーニングが不可欠ってことですか。
智林堂も、奈良古書店探訪の記事の中で採りあげていただいてます。まだ開業前の古本ソムリエ氏と初めてお会いした、早春の日を懐かしく思いかえしました。全国古書店めぐりみたいな記事を、いつか書いてもらいたいものです。
# by chirindo-tensyu | 2010-09-29 19:57 | Comments(0)

早開けは三文の得★戦前の新聞や手塚治虫を買取

夏の間は開店が遅れがちだったので、9月から心機一転、この日も早いめに行くと、シャッターの前に持ちこみのお客さんが・・・。
「休みかと思ったでー」
「すいません、今開けるところです」といって早速見させてもらいましたが、なかなか珍しいものでした。
a0163227_2023222.jpg

戦前の新聞縮刷版。それはともかく、
a0163227_20155862.jpg

a0163227_20254174.jpg

「週刊出雲」「出雲新聞」。何これー。戦前、巡洋艦「出雲」内で発行されていたとおぼしき謄写刷りの印刷物の一束。よく、こんなのが残っていたものですね。
買い取った後で、さらに手塚治虫などの漫画本もあり、別の専門店に売るつもりだというので、古い名作漫画なら当店でもいただきますよ、といって駐車場から改めてもってきてもらいました。
a0163227_20162760.jpg
a0163227_20373942.jpg
a0163227_20164420.jpg

やや昔の漫画のほか、手塚プロのキャラクター設定集など見慣れぬものも。ためしに買値を告げると、ご納得いただいたので商談成立。ラッキーな一日となりました。
# by chirindo-tensyu | 2010-09-26 20:30 | Comments(0)

悪さをしたらブロワーでおしおき

ブロワーというのはカメラのレンズの埃を吹きとばす道具だけど、貴重書の埃を除くのにも重宝できます。下手に拭くと紙を傷めるしね。
a0163227_20244978.jpg

そのブロワーの意外な用途を偶然発見。あるとき、いたずらで愛犬の耳に吹きかけてみたら、慌てふためくのって、何のって。こっちがびっくりしたよー。それ以来、家具をかんだり、無駄吠えをつづけたり、悪さをしたときは、ブロワーの出番。ちらつかせて脅すだけで急におとなしくなるんです。
でも、臆病なのはそれだけで、掃除機をかけていると、果敢にもホースに喰らいついてくる始末。 
「どうも、この子は風を吹きかけられるのは嫌いだけど、吸いこまれるのは好きみたい」と家人にいうと、
「じゃあ、ブラックホールに行ったらいいかもね」
a0163227_20203158.jpg

???
# by chirindo-tensyu | 2010-09-24 20:30 | Comments(0)

サンリオSF文庫の意外なレアもの発見

この間買い取った文庫本の山から、何とか値打ちのありそうなものはないかと引っかきまわしてやっと見つけたのが、本書。
a0163227_20355139.jpg

キングズリイ・エイミス『去勢』サンリオSF文庫。同文庫は同一本のダブりも含め今までのべ数百冊は扱いましたが、この本は初めて見ました。著者の名には見覚えがあり、私の中では完全に、酒についてのエッセイストという認識でした。個人的に洋酒の書物を蒐集しているので。
a0163227_20353816.jpg

邦訳では『酒について』『エヴリディ・ドリンキング』などが出ています。だから、えっ、こんな本(SF小説)も書いているのかという軽い驚きがありましたが、考えてみると小説のほうが本業なわけね。
日本の作家では、たとえば開高健が釣魚ルポとか酒の本を書いていますが、小説ではなくそっちのほうから入っていく読者もいるでしょう。開高健って小説も書いていたんだって、知らない人はそう思っても不思議ではない。一人の著者を通して、別の世界へ視野が広がっていくのも本の醍醐味ですね。
# by chirindo-tensyu | 2010-09-23 20:55 | Comments(3)

オークションルームに本棚を設置

これは役得というべきか、本のついでに本棚ももらってくることもよくあります。先日の買取宅からもいただいてきました。
a0163227_20393928.jpg

自宅のオークションルームと称している中二階の一室へ設置。階段を一人で持ちあげて運んだんですよ、というと力持ちそうだけど、天然木ではなく合板なので意外と軽いのです。ガラス戸や下の扉もとっぱらい、実用本位に徹します。ヤフオクに出品中の本などをとりあえず保管するのに重宝できそう。何しろ、今までは売れたのに肝腎の本が見あたらない、どないしよう・・・ということもありましたので。
# by chirindo-tensyu | 2010-09-22 20:41 | Comments(2)

ご先祖さまに感謝! 古本屋仕様の家

つづけて例の新古書店で文庫本&新書均一セールがありましたが、不戦敗、いや不参加を決めこみ、先日買い取った大量の文庫本の整理に着手しました。
a0163227_20173236.jpg

自宅の玄関を埋めつくす本の山・・・。
a0163227_20175166.jpg

シャロワの裸婦像も台なし・・・。
現在住んでいる家は先々代、亡き祖父母が建てたもので、両親の代を経て、我々3代目が借り受けるかたちになっています。
先々代に先見の明があったと思うのは、この古家がまさに「古本屋仕様」になっていること。道路からすぐ玄関にアプローチでき、その玄関・廊下も家の容積のわりに広くとってあり、買い取った本をとりあえず運ぶこむのに好都合なのです。
とはいえ、次なる大量買取があった日にはたちまち立往生しますから、奥の間へ移すなり、どこかで売りさばくなり、早急にスペースを空ける対策を講じなければ・・・。
# by chirindo-tensyu | 2010-09-20 20:22 | Comments(0)

京都大学学術出版の名著が新古書店セールの餌食に

またしても、、行きつけの新古書店で単行本均一セールがあり、あの人と一戦交えることになりました。「相手はシロートさんやから。腹のさぐりあいみたいなことして、険悪なムードになっても困るんとちゃう」とは、ちりんちゃんの忠告。たしかに、商人にとっては目先の利益より長期の信用の方が大事だし、そういう無用のトラブルは避けたいです。でも、とりあえず前日、仕事を終えてから下見にだけは行きました。ストッカーの中も見てみたけど、別に不自然な様子はなかったのね。
そして、当日の朝。機関車君にバタフライ氏、その他セドラー連中と同じような顔ぶれ。「歩いていってくださいねー」と、これまたおなじみの店員に釘をさされて競歩で奥へ。
a0163227_20413926.jpg

今回は例の京大学術出版・昭和堂(これも京大に関連ある出版社)本など、30冊あまりを獲得。うすうすわかってきたのは、これらゾッキ本として流れてきているらしいってこと。さもないと、特定の出版社の新本が次々に出てくる理由が見当たらないのね。流すんだったら、ウチならもっと高く買うんだけど。
それはともかく、昨夕の下見段階では棚にあった西洋古典叢書が忽然と消えています。やられた!と思った瞬間、機関車君がストッカーを開けてこそこそと・・・。うーむ、こっちが前日さぐりを入れるのを見こして、深夜閉店まぎわに来て細工しておいたのでしょう。そこまでするとは・・・。この叢書はバタフライ氏も目をつけていたらしく、「あの人にいつもやられるー」と悔しそう。さらに、私のカゴを見て、「哲学のよさそうなのがいっぱいあるなー」。「欲しいのがあったらどうぞ」と思わず言ってしまいましたが、「いや、いいです」と。さすがに紳士でした。
# by chirindo-tensyu | 2010-09-18 20:53 | Comments(0)

なぜか鶴瓶の色紙が・・・意外と面白かった古書買取記

ひさびさに、ちりんちゃんこと妹と組んで買取に行ってきました。先日、奈良市史がどうのこうのといってたお宅。在庫の都合で一旦は電話でおことわりしたんですが、店にまで奥さんが訪ねて来られ、他の業者ではラチがあかないからどうしても当店にとのこと、そこまで言われては人情の智林堂、ひきうけないわけにはいきません。
行ってみると、予想外のものもあり、面白かったです。
a0163227_18284463.jpg

笑福亭鶴瓶の自筆画入り色紙とかね。大阪のホテルでたまたま居合わせてお願いしたら、快く描いてくれたとか・・・。
a0163227_18292978.jpg

ちょっとした奈良関係書など未見のものもあり、それなりの収穫。奈良市史は安くしか買えませんよと事前に伝えておいたので、納得済みで安く買えました。店頭にあるのは別のやつで、そのままの値段がついてるけど、当ブログを見たと言ってもらったら、柔軟に値引きさせてもらうつもり。ぜひ、お申し出下さい。
# by chirindo-tensyu | 2010-09-15 20:30 | Comments(2)

マイッタ! 文庫本大量買取記

何がすごいといって、この稼業をやってて思うのは、ある日突然、在庫が数千冊単位で増えたりすること。この日も店じまいをした後、頼もしき助っ人とともに、文庫本が2千冊以上あるというお宅へ参上しました。
豪邸でしたが、本は小粒・・・本当に文庫本しかないんですよね。しかもブックオフ系の小説が大半。こりゃ、しまったなーと思いましたが、中にはいい本もあるんですよ。学術文庫とかもね。その、当店としていける本の部分で、できるだけ評価させてもらいました。
a0163227_22324091.jpg

このような奥行きの深い本棚が2基。本は3段構えでぎっしり、よくぞ収めたものです。作者の50音順にキッチリ分類されているのにも感心。まだ整理がついていなくて残したいのもあるとかで、後日改めてとりにいくことにし、とりあえず半分弱をいただいて帰りました。
(写真は依頼主の許可を得て撮影しています)
# by chirindo-tensyu | 2010-09-13 22:44 | Comments(0)

奈良市史はもう要らない

9月に入って、本の持ち込みと出張買取の依頼が増えてきました。店頭へお持ちいただいた分はなるべく値段をつけて買い取りますが、出張の場合は基本的に大口のみ、です。ただし、何箱以上とかいう基準があるわけでなく、内容・地域などを総合的に判断して決めさせていただいています。
この日も奈良市史や唐詩選の全集物などを処分したいので取りにきてほしいという電話。量はそれほどないらしいのですが、内容的にはいいものです。迷いましたが、結局お断りしました。理由のひとつはメインの奈良市史の同じのが、もう当店に3、4セットもあるんですよ。
a0163227_99591.jpg
未整理のまま倉庫にスタンバイしている市町村史の一群・・・。在庫の手持ちがないもの、例えば奈良県史の揃いならほしかったのでが・・・。せっかく当店をご指名いただいたのに申しわけないけど、こういう場合は無理して買うより他の業者にバトンタッチしたほうがよいと思うんです。ただし、「他をあたってください」とは言っても、具体的に同業者の名をあげることはしません。「要らんものをおしつけよって」などと思われかねませんから。
ところで、それからわずか数分後、別口の買取依頼の連絡が入り、文庫本を中心に2千冊ほどあるとのこと、これはぜひ引き受けねば・・・。というわけで、小を捨てて大を取るみたいな感じになってしまいました。
# by chirindo-tensyu | 2010-09-13 09:18 | Comments(2)

アマゾンに何か異変が・・・?送料値下がりの謎

アマゾンから小包が届きました。大きさのわりに異常に軽い、っていうかほとんど何も入ってない感触。空気を注文したおぼえはないし、変だなと思いながら開けてみると、薄い文庫本が1冊。
a0163227_16271913.jpg

近藤富枝『田端文士村』(中公文庫)。そうそう、先日お客さんに頼まれて取り寄せていたものでした。しかし、何でこんなにでっかい箱に入って来るの? 今までは文庫本1冊くらいだったら、封筒に入ってメール便で届いたのに。しかも、送料は一律340円かかってたのが250円になってるんです。その答を解く鍵は同封されていた資格講座のパンフレットにありそう。スポンサーが送料を肩代わりする見返りに自社広告を入れてるってことでしょ? まあ、しかし、私は箱は再利用するからいいけど、文庫本1冊にいちいちこんなのを使っていたら資源の無駄遣いのような気もします。
# by chirindo-tensyu | 2010-09-09 16:35 | Comments(2)

癒し犬のパステルアート画

愛犬をモチーフに家人が描きはじめたパステル画。
a0163227_20154116.jpg
a0163227_2015513.jpg
a0163227_2016332.jpg

試作品の域を出ないと思うけど、絵ごころのない私としては描けるというだけで感心してしまいます。家人はどっちかというと人と接するのが苦手なタイプで、家にこもって絵を描いたり、ピアノを弾いたりするのが好きみたい。絵にはセラピー効果もあるし、どんどん描いてほしいものです。
a0163227_2014174.jpg

モデルとなったドーリン君もまんざらではなさそう・・・。
# by chirindo-tensyu | 2010-09-07 20:28 | Comments(0)

骨董がメインの古書買取記★骨董編

その部屋にはエキゾチックな香りが漂っていました。貿易商のご主人が中近東や旧ソ連で買い集めたアンティークも、このさい処分してもいいというので時間をかけて検分。
a0163227_4371265.jpg

イランの水差しやら、旧ソ連のマトリョーシカやら、マレーシアの錫器など。
a0163227_4112263.jpg

エジプトやギリシアの銅盤細工。手作りでやや稚拙な絵柄も魅力のうち。
a0163227_4123179.jpg

職人芸的なボトルシップ!中身はドイツの帆船。
a0163227_413446.jpg

産地は聞きもらしましたが、木彫りの象に水牛。牙は本物の象牙です。
a0163227_4151993.jpg

中国の硯に墨に文鎮。いやはや、多国籍ですね。
さらに、奥から食器や花器の名品が続々と・・・。
a0163227_4163135.jpg

悪魔的ともいえる高貴な輝きにみちたチェコスロバキアのグラス。
a0163227_4172214.jpg

きわめつけは有田焼・清水焼の花瓶など。
結果として、本より骨董関連の方が高くついた異例の買取となりました。
家に帰って、「もう1軒、骨董の店も出そうかな」と冗談で家人に言うと、「名品ぞろいならいいけど、雑貨商みたいになるんじゃない?」。なかなか、痛いところを突きます。
# by chirindo-tensyu | 2010-09-06 04:30 | Comments(0)

古書全般買取

古書全般買取 

(学術&一般書、雑誌、古銭、切手、鉄道用品、美術品、刀剣、CD、DVDなど持込歓迎!)

大量の場合は出張買取!
経験豊富な店主が参上し適切査定・即金でお支払
寺社・大学・公的機関OK!!

まずはお電話を030.gif

【智林堂書店】
近鉄奈良駅南へ徒歩5分
もちいどのセンター街内

0742-24-2544
(昼~夕方頃、営業不定)
0742-44-3110
(時間外 8~20時頃)

検索

ブログジャンル