奈良の古本屋・智林堂店主のブログ 古書買取強化中


古書店店主がつづる本と旅に明け暮れる日々..  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  【 智林堂書店 】     (電話)0742-24-2544   近鉄奈良から徒歩5分 もちいどのセンター街内 
by 智林 椰子生(ともばやし やしお)
プロフィールを見る
画像一覧

アルバニアの鉄道事情

アルバニアにも一応、というと失礼ですが鉄道はあります。同国国鉄の運営で、ショコデルからティラナへも線路はつながっているものの1日1往復のみの列車で、ダイヤ的に使えません。地図上で見るかぎり、線路は隣国モンテネグロとも結ばれていますが、現在、国際列車の運行はないとのこと。鉄道に関しては、完全な鎖国状態といえます。
乗るつもりはないけど、ともかくティラナ駅へ出かけてみましょう。
a0163227_20145984.jpg

・・・・・・。首都の表玄関の駅としては寂れすぎ。海岸のデュラス方面へは近郊列車が6往復しており、それとみられるのが入線してきました。子供らにひやかされながら撮影。
a0163227_2014176.jpg
a0163227_20141544.jpg

バスとの競合路線でもあり、経営は厳しいものと思われます。しかも、車両をみると・・・
a0163227_20172181.jpg
a0163227_20173646.jpg

投石か銃弾によるものか、窓という窓に穴が開いています。これでは車窓を楽しむどころではありませんね。
# by chirindo-tensyu | 2010-06-18 20:29 | アルバニア | Comments(0)

ティラナのホテルとシティライフを満喫

4時間ほどバスに乗ってティラナへ到達。さすがに近代的なビルの建ちならぶ都会です。渋滞が激しく、バスを降りて歩こうにも右も左もわかりません。
タクシーで向かった先は五つ星ホテル「Rogner」。
a0163227_337720.jpg
a0163227_3372345.jpg

ガーデン側の眺めのよい部屋を190ユーロで大奮発。
とりあえず町へ出て、郷土料理店「Oda」で遅いランチとしました。
a0163227_3401221.jpg

路地奥の隠れ家風の店で、周囲の喧騒が嘘のよう。
a0163227_341046.jpg
a0163227_3411622.jpg

メニューはアルバニア語で読解不能。気さくなご主人がいちいち口頭で英訳してくれましたが、どれが何だったか、おぼえきれないよー。
a0163227_3434714.jpg
a0163227_34423.jpg

パツァ・ロックは長ねぎのコーンパイ、やや甘酸っぱく、まあまあの味。陶器焼き=タヴァ・プランツは味のついたライスを葡萄の葉でくるんだもの。これは苦味もきいていて旨かった。トルコ料理にも同じようなのがあったっけ。
ティラナの町はとくに見どころはないけど、歩き回るとそれなりに面白いです。
a0163227_3514384.jpg

おしゃれな新本屋に、
a0163227_3515830.jpg

こちらは古本屋。
歩き疲れてビールを飲みにカフェに入ったら、バーテンダーが古書さろん天地のご主人にそっくりだったので驚きました。アルバニアって、国も人もどことなくアジアっぽいんですよね。
# by chirindo-tensyu | 2010-06-18 04:23 | アルバニア | Comments(2)

荷馬車やオート三輪が活躍する町

国境を越えてアルバニア側へ入ると、雰囲気が一変します。道が悪くなり、雑草が伸び放題で、荒涼とした風景。
a0163227_2585793.jpg

羊飼いを見つけましたが、揺れる車から撮るのは困難。
距離にして38キロ、1時間以上もかかってシュコデル着。この距離で3ユーロとは白タクにしても安い! 運転手に5ユーロ札渡すと現地通貨で200レカ返ってきました。助手席の男も金を払っていたので客だったみたい。
銀行を見つけて両替し、ホテルでトイレも拝借。見かけはありふれた町のようですが・・・
a0163227_3232868.jpg
a0163227_3304967.jpg
a0163227_2595582.jpg

荷馬車やマニアが見たら喜びそうなオート三輪がまだ現役で走っています。アジアの片田舎ならともかく、ここは21世紀のヨーロッパの町ですよ。ちょっとしたカルチャーショックを味わいました。
未舗装の、無法地帯の広場みたいなバス乗り場から、首都ティラナ行のバスに乗りつぎます。
# by chirindo-tensyu | 2010-06-17 03:39 | アルバニア | Comments(0)

モンテネグロからアルバニアへの国境越えはタクシーで

モンテネグロも海岸の方へ出ると面白そうですが、今回は時間がありません。
a0163227_20522436.jpg

首都ポドゴリッツァの思い出が寝泊りしたホテルだけとは・・・。
次にめざすアルバニア国境までは25キロほど。アルバニア側の拠点の町シュコデルまでは直通バスがなく、バール経由での大回りとなります。そこで、タクシーで向かうことにしましたが、運転手がいうには国境まで25ユーロ、そこから先はアルバニアの車を拾ってくれと。承知して乗りこみます。
途中シュコデル湖があり、目を楽しませてくれますが、人家や車の往来は少なく、たまに羊飼いが現れる程度。バスの便がないのは結局、需要がないからだと察します。
国境のゲート前で降車。検問所で出国手続きをしようとしたら、暇そうな係員が「いいから行け」と手ぶりでしめします。このままでは徒歩での国境越えになるなと思いつつ緩衝地帯を歩いていたら、一台の車が停まり、「シュコデルまで3ユーロで乗っていくか?」。渡りに舟とばかり乗りこみます。アルバニア人の男が二人乗っており、入国手続きも一緒にやってくれました。
a0163227_20523964.jpg

情報が少なく不安な国境でしたが、あっけなく通過できてしまいました。
# by chirindo-tensyu | 2010-06-16 20:57 | アルバニア | Comments(0)

バール鉄道景勝路線でモンテネグロへ

ベオグラードから国境を越えてモンテネグロのバールまで鉄道で結ばれており、全区間乗りとおすと10時間にも及びます。今回は途中のウジツェからバール手前のポドゴリッツァまで乗車。それでも6時間がかりです。
a0163227_5195650.jpg

ウジツェ駅で16時18分発の列車を待ちますが、時間通りには来ません。15分くらい遅れて到着。
a0163227_4474674.jpg

思いのほか長大な編成です。切符は2等が1260ディナーレ(約1500円)。きれいなコンパートメントを一人で占領でき、あえて1等にする必要はありませんでした。食堂車も連結されています。
山河に沿って進む景勝路線ですが、シャルガンスカ鉄道に乗ってきた身には物足りない感じ。
a0163227_4545593.jpg

途中のPrijepolje駅近辺はそこそこの規模でしたが、バールまではもう町らしい町もなく、乗りとおすしかありません。
ようやくセルビア国境駅Brodarevoに到着。例によってパスポートコントロールがあり、さらに遅れそうな見こみですが、覚悟を決めます。国境を越えてモンテネグロ側のBijelo Polje駅に着く頃にはもう暗くなってしまいました。入国スタンプをもらった後、係員がまた来て3ユーロよこせというので、袖の下の催促にしては順序が変だと思ったら入国税とのこと。そういえばこの国の通貨はなぜかユーロなんです。
定刻より1時間遅れの23時にポドゴリッツァ着。駅前のホテル「Evropa」に部屋をとります。55ユーロ。乗りづくしでさすがに疲れました。
a0163227_5311212.jpg

# by chirindo-tensyu | 2010-06-16 05:13 | モンテネグロ | Comments(2)

乗り鉄は降りた後も列車の余韻に浸る

モクラ・ゴラ駅にはキオスクがあり、アイスなどをのんびり売ってます。土産物も充実、絵葉書やグッズが所狭しと並べられた中から選びだしたのがこちら。
a0163227_7342160.jpg

シャルガンスカ鉄道の地図と本。セルビアのSL写真集もありましたが、高いのと重くなるので断念。SLには乗れなかったしね。
帰りのウジツェ行バスは14時発、駅の食堂でランチをとりながら待つのにほどよい時間です。
a0163227_7394399.jpg
a0163227_740236.jpg

ビールとソーセージを注文。鉄道員みたいな制服の給仕がてきぱき運んでくれます。
a0163227_7405993.jpg
a0163227_7412675.jpg

ビールジョッキにも機関車のマークが。シャルガンスカ鉄道の未来に乾杯!
# by chirindo-tensyu | 2010-06-15 08:03 | セルビア | Comments(0)

狭軌鉄道シャルガンスカ・オスミツァ試乗記  後編

終着駅はとくに何もない所で、乗客は全員もとの列車で引き返します。
a0163227_20141350.jpg

同一行程と知って少し熱がさめ、帰りは寝ていこうと思ったら、要所要所のビューポイントで列車が停まります。なるほど、乗客を最後まで退屈させないためのサービスですね。
a0163227_20145626.jpg

a0163227_20375749.jpg

往路では撮れなかった写真も撮れました。眼下に見おろすは途中の駅。ゆっくり時間をかけてモクラ・ゴラ駅まで戻ってきました。列車はこの後、新たな客を乗せてもう一往復するはず。妙に人が多かったのは日曜日のせいかもしれません。
a0163227_20133971.jpg

始発駅から反対側へも線路が続いています。国境を越えてボスニアのヴィシェグラードまで延長する計画もあるとか。そうなれば、生活路線としての需要も期待できそうですね。
# by chirindo-tensyu | 2010-06-14 20:42 | セルビア | Comments(2)

狭軌鉄道シャルガンスカ・オスミツァ試乗記  前編

10時前に子供ら団体客を乗せた臨時列車が入線、いっせいに乗客が降りた後、機関車の付け替えが行なわれます。機関車は前に付く牽引式なので、さほど勾配はきつくないみたい。客車は4両編成でした。
a0163227_8335994.jpg
a0163227_8341776.jpg
a0163227_834376.jpg

作業が終了すると、あっという間に座席が埋まりました。意外と外国人は少なく、ほとんどがセルビア人のもよう。観光列車として整備されており、国内でも人気のようです。
a0163227_8413645.jpg

動き出したかと思うと、踏切で一旦停車。車掌が手動で遮断機を降ろします。
a0163227_8452510.jpg

ちなみに路線名の「オスミツァ」とは8の意味。8の字を描くようにループ線が引かれています。切り通しの崖や小さな鉄橋、そしてトンネルで楽しませてくれます。
1時間ほどで終点シャルガン・ヴィタシ駅着。この先は、かつてはウジツェ方面へつながっていたそうですが、現在はここで折り返し運転。機関車の付け替えと休憩タイムがあります。
a0163227_918690.jpg

仕事に情熱を燃やす男の表情っていいものですね。はるばる日本から乗りに来た甲斐がありました。
# by chirindo-tensyu | 2010-06-14 09:26 | セルビア | Comments(0)

セルビアの保存狭軌鉄道をもとめて

a0163227_6363851.jpg

朝もやにけぶるウージツェの山なみ。山頂近くまで民家が建ちならんでいます。
7時半発のミニバスで、モクラ・ゴラへ。今回は行きませんが、ボスニア・ヘルツェゴヴィナとの国境も間近です。
小さな集落で降りたのは私ひとり。
a0163227_705739.jpg

何だか懐かしいような田舎の風景。空気が澄んでます。
a0163227_6444263.jpg

鉄道駅は道路からは見えませんが、あっ、看板だ!
駅への一本道の坂を登っていくと、民宿もありました。
a0163227_7371498.jpg

前日のうちに移動して当地に泊まるべきだったかな。
10時半の発車まで相当余裕があったので、時間をつぶします。
a0163227_6534694.jpg

あそぶ猫の表情を追ったり、
a0163227_6542144.jpg

熱愛中の鳩を激撮したり・・・。
a0163227_6545133.jpg

駅はまだひっそり静まりかえったまま。おしゃれなベンチに座って、機関車が来るのを待つとしましょう。
a0163227_7361367.jpg

# by chirindo-tensyu | 2010-06-13 07:18 | セルビア | Comments(0)

ウジツェの城と町の印象

今回の旅行のハイライトと目していたのがセルビアの山間の狭軌鉄道。その拠点となる町ウジツェへ急ぎます。ノヴィ・サド発ズラッティボル行9時の直通バスに間に合いました。
a0163227_21514350.jpg

a0163227_2222173.jpg

田舎道をひた走ること5時間あまり。川沿いの盆地に開けたウジツェの小さな町に到着。狭軌鉄道は近郊のモクラ・ゴラという村から出ているのですが、今日中には乗り継げないのでここで泊まることに。
宿は町にただ1軒のホテル「zlatibor」。デザインが奇抜なだけで老朽化していて、不本意でしたがやむをえません。料金は3000円弱くらいで格安。
タクシーで町はずれの城砦へ。
a0163227_22392062.jpg

a0163227_2125625.jpg
a0163227_20574095.jpg

荒れ放題で、人の手が加わっていないのはよしとしても、頂上へ登ると柵もなくかなり怖いです。足を踏みはずしたら谷底へまっさかさま。
a0163227_21275763.jpg
a0163227_20523351.jpg

a0163227_21491973.jpg

撮影も命がけ。町を見下ろすと、やはりわがホテルの灰色の建物が浮いていて、景観を損ねているような・・・。
夕食だけは外したくないと思い、フロント嬢に教えてもらった川べりのレストランへ。
a0163227_22155518.jpg

なるほど、それなりの雰囲気はあります。
a0163227_21343884.jpg

注文したのはステーキの茸ソース添え。ステーキとしか書いていなかったから、てっきり牛肉かと思ったら羊でした。ワインリストにもwhite wineに並べて、赤ならぬblack wineの表示が。黒ワイン? うーむ・・・と首をかしげつつ、傾きかけた陽を眺めておりました。
# by chirindo-tensyu | 2010-06-12 22:08 | セルビア | Comments(0)

ペトロヴァラディン城塞の丘から朝陽の撮影に挑む

未明にめざめてしまい、散策がてら御来光を拝みにいくことに。
a0163227_5592218.jpg
a0163227_5594043.jpg

川面は静かですが、風が強いです。ときおり稲妻が光ります。人はまだ誰も来ていませんが、城壁にテントを張って寝泊りしている若者のグループがありました。
a0163227_602694.jpg

東側へまわって望遠レンズで朝陽を撮影。夕陽とちがって朝陽は力強くて、またいいものです。この直後、雷雨に見舞われ、あわてて帰館。もう一眠りしておかないと昼間きついと思い、ミニバーのシャンペンを開けて床に就きます。
a0163227_5583366.jpg

# by chirindo-tensyu | 2010-06-12 06:08 | セルビア | Comments(0)

ノヴィ・サドの城館ホテルに宿泊

ノヴィ・サド駅前からタクシーで丘の上の城塞のホテル「レオポルドⅠ」へ。頼りない運転手で、道を間違え遠回りされてしまいましたが、メーターは日本の初乗りにも満たない額だったので黙って払っておきます。
a0163227_21374613.jpg

このホテルはもとの城主の末裔にあたる人の経営とか。ドナウ河を見おろす、すてきな部屋が5600ディナーレ(約7000円)でとれました。赤と白でまとめたデザインも秀抜。
a0163227_2129275.jpg

城塞内のレストランで夕食。
a0163227_2132973.jpg

鯰のフライ、つけあわせはポテト。生ビールに白ワインのミニボトルもとって千円見当。ハンガリーに比べてもセルビアの物価は安いようです。
a0163227_221262.jpg

a0163227_21403684.jpg

白夜の季節でもあり、ゆっくり日が暮れていきます。ベオグラードでなく、この町に泊まって正解だったと思いました。
# by chirindo-tensyu | 2010-06-11 21:54 | セルビア | Comments(0)

ハンガリーからセルビアへの国境越え列車

地下鉄でブダペスト東駅へ出ました。
a0163227_1172047.jpg

国際線の発着する主要駅ですが、やや手狭で雑然としています。ベオグラード行切符は1等が11060フォリント(約5500円)、2等が5000ft。両替しすぎて余ったので1等にします。10時5分発。スタンドでビールを一杯ひっかけて、すでに入線している列車へ急ぎます。
a0163227_1185670.jpg

ホームの中に古本屋を発見。
a0163227_119408.jpg

列車は3両編成で、はじめの1両が1等です。コンパートメントですが、それなりに混んでいて、ひとりで一室というわけにはいきません。
a0163227_11151776.jpg

車窓は退屈な平原地帯が続きます。葡萄畑もありましたが、利用されていない土地も多く、もったいないような気も。
a0163227_11174840.jpg
a0163227_11181015.jpg

途中駅のようすをみるのも楽しいですが、窓が開かないのが残念。それにしてもトロい列車です。350キロの距離を8時間もかけて走るとは。13時過ぎにハンガリー南端の国境駅kelebia着。ここで大半の乗客が降り、30分以上も停車して、残りの国境通過客のパスポートコントロール。1等なのにエアコンがきいていなくて暑いし、おなかも空いてきていらだちがつのります。誤算だったのは、食堂車も車内販売もなかったこと。何か買っておけばよかったです。
走り出したかとおもったらセルビア側のsubotica駅でも同様の検査。ここで降りる乗客も。国境では車内軟禁状態にありましたが、入国スタンプをもらったら、もう自由の身です。降りて飲食物を調達したいところですが、ハンガリーの通貨はもう使えませんし、いつ動き出すかわからないのであきらめました。定刻よりすでに遅れているので、時刻はあてになりません。17時50分着のベオグラードまで乗り続けるつもりでしたが、1時間くらいは遅れそうです。次のノヴィ・サド駅で体力的に限界を感じ、降りてしまいました。早速両替して、駅のカフェでビールとサンドイッチにありつきます。今日はこの町に泊まることにしました。
# by chirindo-tensyu | 2010-06-11 11:51 | ハンガリー | Comments(0)

ブダペストの中央市場に潜入

さて、今日は早速次の国セルビアへ移動します。ホテルから地下鉄駅へ向う途中、市場があったので覗いてみました。
a0163227_4312344.jpg

アーケードで覆われた2階建ての広い中央市場。
a0163227_432252.jpg
a0163227_4341492.jpg

a0163227_4333941.jpg

肉屋に果物・野菜屋さん、パン屋、雑貨・民芸品の店も。百軒以上も入っているでしょうか。両替商もあり、旅行者にも便利な存在です。昔ながらの対面販売が息づいていることに安堵感をおぼえました。
# by chirindo-tensyu | 2010-06-11 04:48 | ハンガリー | Comments(0)

ハンガリーの温泉ホテル・ゲッレ-ルトに宿泊

ブダペスト空港に到着後、タクシーで市内のホテル・ゲッレールトへ。ここには温泉が湧いていて、宿泊客は無料で利用できるのです。屋根裏部屋みたいな狭いシングルルームが84ユーロ。
a0163227_19481573.jpg
a0163227_19445687.jpg

日が暮れるを待って外で夕景を撮ったりしましたが、疲れと眠気の限界を感じ早々に帰館。
翌朝、要塞ツィタデラのある丘へ登ってみました。ドナウ川が一望でき、10年前に同じ場所を訪れた時の記憶がよみがえりました。
a0163227_2015414.jpg

ホテルへ戻ると併設の温泉で汗を流します。36℃と38℃の広い浴槽があり、後者でくつろぎました。透明のさらっとした湯です。部屋には、ゆかたならぬバスローブの備えつけもあり、温泉気分を盛りあげてくれます。
# by chirindo-tensyu | 2010-06-10 20:09 | ハンガリー | Comments(0)

古書全般買取

古書全般買取 

(学術&一般書、雑誌、古銭、切手、鉄道用品、美術品、刀剣、CD、DVDなど持込歓迎!)

大量の場合は出張買取!
経験豊富な店主が参上し適切査定・即金でお支払
寺社・大学・公的機関OK!!

まずはお電話を030.gif

【智林堂書店】
近鉄奈良駅南へ徒歩5分
もちいどのセンター街内

0742-24-2544
(昼~夕方頃、営業不定)
0742-44-3110
(時間外 8~20時頃)

検索

ブログジャンル