奈良の古本屋・智林堂店主のブログ 古書買取強化中


古書店店主がつづる本と旅に明け暮れる日々..  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  【 智林堂書店 】     (電話)0742-24-2544   近鉄奈良から徒歩5分 もちいどのセンター街内 
by 智林 椰子生(ともばやし やしお)
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

<   2013年 04月 ( 25 )   > この月の画像一覧

佐野洋の追悼で『隠された牙』初版本などアマゾンに出品

推理作家の大御所的存在・佐野洋が亡くなった。
著書は私は読んだことがないが、何かの雑誌のグラビアで書庫の写真を見て、その膨大な蔵書ときっちり整理されているのに驚嘆した記憶がある。その蔵書は一体どうなるのだろう。
手持ちの本の中に著書が何冊かあったのを思い出し、文庫本などは店に出し、初版本はアマゾンに出品してみた。
a0163227_13522180.jpg
a0163227_1352339.jpg
『隠された牙』桃源社版など。有名作家がなくなると急に品薄になって相場が上がったりすることもあるが、佐野洋に関してはそうでもなく静かな動きとなっているようだ。
by chirindo-tensyu | 2013-04-30 18:39 | Comments(0)

四天王寺古本市4日目、コリマ物語や日本社史全集など

古本市開催4日目、また四天王寺へ行ってきた。初日は混雑するし、みんな殺気だってるのでこれくらいのタイミングで行くのが本当はよい。百円コーナー、4日目にのこのこいってももぬけの殻かと思いつつ覗いてみたら大量補充されているではないか。今回は5冊ほど買えた。
a0163227_1624395.jpg
ロシア語版シャラーモフ『コリマ物語』など。コリマはシベリアの強制収容所で、作家のその収容体験をもとにした短編集である。
台のわきにはまだ補充用の本が山積みされてあった。もしかして後半になるほどいいのが出てくるかも?いや、絶対そうに違いない。
ある店では『日本社史全集』が均一台に並んでいた。これは入手困難となった社史を復刻したシリーズで定評がある。ただ台にあったのはいかにも売れなさそうなのばかり。鉄道会社の社史なら即ゲットなのだが。その場は見送り、帰りがけにまだ全然売れずにあったのを救済のつもりで買う。住友倉庫と富士紡績の2冊。日本光学と新潟鉄工はパス。この辺の判断基準は自分でもよくわからない。
結局、買っても買わなくてもいい社史なんぞに手を出すのは、他に買うものがなく収穫が乏しかったということだ。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村
by chirindo-tensyu | 2013-04-29 18:49 | Comments(0)

ロシア語版ソヴィエト詩人選集など

また例の同業者が不要本を持ってきてくれた。
「今回はいいのがないよ」という。確かにあまりよくはなかった。
箱にはいつもは「智」または「ち」と書いてあるのだが、今回はなぜか「B」とある。ひょっとしてブックオフへもっていくつもりだった?
でも1冊珍しそうな本を見つけた。ただし価値はそうあるまい。
a0163227_12422720.jpg
a0163227_12425346.jpg
a0163227_1243293.jpg

ロシア語版『ソヴィエト詩人選集』1987年。
エセーニン、パステルナーク、マヤコフスキーなどの代表詩が収められている。ソルジェニーツィンなどロシア文学の小説が何冊かあったのでその方面のお客さんからの買物かなと推察。本文内容は残念ながら私には理解不能だが、挿絵があったのが救い。こういう本をもっとお譲りいただけないだろうか?

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村
by chirindo-tensyu | 2013-04-28 19:13 | Comments(0)

スクープ映像! 智林堂前に幻の珍獣モチドンあらわる

さて、当店が属するもちいどのセンター街では大感謝祭を開催中。こういうイベントの時のみに出現する幻の珍獣モチドン、今回も予告なしに界隈に現れ人々を驚かせていた。当店前にも通りかかったのですかさず激写。
a0163227_157124.jpg
a0163227_1571739.jpg
a0163227_1573963.jpg
魚万さんの前では若い女性に大もて。モチドンは生物学上の分類は鰐や太古の恐竜などと同じく爬虫類とされるが、背中の模様を見るかぎりは確かにそのようである。
a0163227_1584247.jpg
その後、隣の洋装品店のウィンドゥ-に自らの姿を映し身なりを整えなおしてから商店街の先へ去っていった。カラフルな襟巻もお似合いで、なかなかおしゃれなモチドンであった。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良(市)情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村
by chirindo-tensyu | 2013-04-27 18:35 | Comments(0)

四天王寺古本まつり2013年春キーン訳『近松門左衛門集』他 

四天王寺古本市、今年も初日に行ってきた。ただ均一本に関してはいつになく不調・不毛・不作であった。もちろん私が個人的にという意味で、全体を否定するものでない。中には思わぬ収穫に恵まれた人もいただろう。それにしても四天王寺は春秋年に2回あるのだが、春はテレビ局の取材もないし(前回の秋は私が集中的に追いかけられて困った)、盛りあがりに欠けるのはどうしてだろう。
100円均一から始めたが、これがまず躓きのもと。ブルーシートがめくられても目に飛びこんでくる本がない。端から端まで見ても駄本ばかりで何もなく、早々と見切りをつける。百均で1冊も買えなかったのは初めてかも。
気をとりなおして一軒の店へ。謡曲関係が多く、手はじめに『謡曲大観』の揃い(と思ったら1冊ぬけてた)や英文のドナルド・キーン訳『近松門左衛門集』などを購入。ただし安いだけあって状態はよくない。
a0163227_1533688.jpg
その他雑本を何十冊か求めたが、あえて自慢したいような掘出物はほとんどなかった。
a0163227_15341293.jpg
モンテルランの雑文集『無駄奉公』なんて本は、レアといえばレアだが買うだけ無駄奉公そのものって感じかな。
一方、中国書籍物で面白そうなのも多少は見つけたので、日を改めて紹介したい。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村
by chirindo-tensyu | 2013-04-26 18:25 | Comments(0)

同和鉱業片上鉄道の記念乗車券などヤフオクに出品

さて黄金休暇を控えて、近鉄・南海その他私鉄・国鉄の記念切符などヤフオクに出品。
a0163227_1145676.jpg
国鉄SL奥久慈号運転記念子供の日乗車券。サウンドミュージックのカセットテープ付。
a0163227_11454196.jpg
鹿児島交通のコアラ上陸記念乗車券、ジグゾーパズルとしても楽しめる。
a0163227_1145214.jpg
同和鉱業片上鉄道テレホンカード付記念乗車券などプレミアがつきそうだ。
by chirindo-tensyu | 2013-04-25 18:34 | Comments(0)

『ソムリエール』と南アフリカのワイン「ゴーツ・ドゥ・ローム」

私はワインが好きだが、金はないのでふだんは1本500円を切るような安物を飲んでいる。さすがに500円では日本では大したワインは望むべくもない。でも、予算が1000円~1500円程度までならぐっと選択肢は拡がる。時々、思いきってこのクラスのワインを買う。
a0163227_14262831.jpg
いきつけのOKスーパーで目にとめたのは、南アフリカ産の「ゴーツ・ドゥ・ローム」。あっ、これは人気の漫画『ソムリエール』に出てたワインではあるまいか。フランスの銘醸「コート・ドゥ・ローヌ」のパロディ・ワインで面白そうだなと思っていたのだ。フランス当局がこれに抗議したという逸話もある。
まず、鮮やかな黄色のラベルが目をひく。あまり高級感はないが親しみやすそうな山羊のデザイン。
値段は1098円と手ごろで思わず購入。
味はフルーティーでいくぶん甘めだが濃厚でスパイシーでもある。何種類もの葡萄の品種が使われていて素人には何がなんだかよくわからないが、品種などこだわらなくともとにかく美味しければという主張が伝わってくるようだ。
a0163227_14264281.jpg
ニュージーランド産の牛肉ステーキであわせてみる。同じ南半球同士でという洒落心ではなく、単に安かったので・・・・・・。
by chirindo-tensyu | 2013-04-24 19:19 | Comments(2)

キリスト教関連本・アラビア語辞典など古書買取

またしても持込!これがあるから店はやめられないのだ。
もっとも内容を選べないのが欠点。何でもかんでも欲しいわけでない。この日は若い男性がキリスト教関連本など30冊などあまり自転車で。
キリスト教といっても色々だが、それ系というか有名な特定団体が配布しているようなものが多い。はっきり言って値段にならない。ただ、『初級アラビア語辞典』(白水社)があったのでがんばって買値を告げる。私は時々中近東方面へも行くのでアラビア語を勉強したいと思っていたのだ。
相手は冊数を数え、ブックオフへ持っていったほうが高く売れるか思案している様子。
「こんな日焼した本とか、ブックオフでは値段つかないっていわれますよ」と私。
「いや、最近そうでもないんですよ。ちょっと基準が甘くなってるっていうか。多少痛んでいても10円か20円にはなるし」
「だったらやっぱり当店の方が」
などというやりとりがあり、やっと買えたのであった。
さてアラビア語辞典は当然売り物にするのだが、手もとにある間にアラビア文字のいろはだけでも勉強してみよう。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村
by chirindo-tensyu | 2013-04-22 18:43 | Comments(0)

映画のパンフレットや土佐日記のCDなど古書買取記

2、30年前の映画のパンフレットが一函分、という程度では通常買取には出むかないのだが、本も多少はあるというし以前の取引先からの依頼だったので行ってみた。
K堂さんに車の手配を頼む。場所は学園前の住宅地で近いはずが、前回訪れたさいの記憶も曖昧で道に迷ってしまう。K堂さんはナビを取りだす。音声で目的地を告げるだけで画面に表示されるというすぐれもの。
その家には外にまで聞こえる大音響でジャズが鳴りひびいていた。
映画のパンフは安くて値のつけようもないのだが、専門書も『ロシア原初年代記』など少量あり救われたかたち。CDの「土佐日記」やポーランドのコインもいただく。
a0163227_15142588.jpg
仕事が終ってからK堂さんを飲みに誘うつもりだったが、それはきついという。最近お子さんが産まれたばかりなので家庭的な事情もあるようだ。せめてお茶だけでもと家にあがってもらう。忙しすぎて本を読む暇もないというような話。当家の妻はいつになく上機嫌で、文学少女時代?の昔話など勝手に始める。そんなエピソード私も知らなかったよ。ドーリン君も会話に加わっていたが、退屈したのか途中で寝てしまった。そんなポーズをするのは来客を信用しているという証拠で、失礼のほどはお許しいただきたい。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村
by chirindo-tensyu | 2013-04-20 18:45 | Comments(0)

ブックオフ玉出南口店の閉店セールに思う

以前は大阪市営地下鉄の1日券を買って沿線のブックオフをまわるのが週に2、3度のならわしだったが、最近は忙しくてそれどころじゃない。大阪自体もう何週間も行ってない。
さて、これは人から聞いた情報で自分で確かめたわけでないが、ブックオフの玉出南口店が4月21日をもって完全閉店するという。全品20円均一!で投売り最終処分セールがおこなわれているとか。
同店へは開店初日に行った。その後何度か訪れたことがある程度、今から思えば規模のわりに品ぞろえはあまりよくなかった。唯一の収穫といえば、「マルクス・エンゲルス全集」の端本を見つけて全巻セットを完成させたくらい。駅から近いといえ、四つ橋線は御堂筋線からは大国町駅で乗り換えねばならず、本数も少なくつい面倒になって飛ばしてしまう。かけもちでブックオフをまわるにはそういう意味では不便な場所だった。
大阪市内ではこのほか寺田町駅前店、そして正式な店名は忘れたが鶴見緑地線沿いにあったブックオフもつぶれた。
ブックオフ、新たな店もできているようだがどうも最近元気がないように思う。不採算店をあっさり切り捨てたりせずできるだけがんばって欲しい。地元のセドラーたちのためにもね。

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村
by chirindo-tensyu | 2013-04-19 18:58 | Comments(0)

古書全般買取

古書全般買取 

(学術&一般書、雑誌、古銭、切手、鉄道用品、美術品、刀剣、CD、DVDなど持込歓迎!)

大量の場合は出張買取!
経験豊富な店主が参上し適切査定・即金でお支払
寺社・大学・公的機関OK!!

まずはお電話を030.gif

【智林堂書店】
近鉄奈良駅南へ徒歩5分
もちいどのセンター街内

0742-24-2544
(昼~夕方頃、営業不定)
0742-44-3110
(時間外 8~20時頃)

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月

検索

ブログジャンル